AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

FXトレード記録 2018年8月22日(水) ボリバンルールでエントリー。

2018年8月22日(水)のFXトレード記録です。

この日は、「ボリバンルール」でのエントリーをしました。

ボリバンとはボリンジャーバンドのことです。詳しくは後日記載します。

ユーロドル4時間足

下落の起点になっている赤↓矢印のラインまで戻ってきました。

このラインから大きく下落しているので、このラインは強いと判断できます。

 ラインの強さは、ラインからの反発の強さ

で判断できます。なので、4時間足をみた段階でこのラインに注目しました。

ユーロドル1時間足

1時間足では1.14318のラインをブレイクしたことで「ノントレンド」になりました。2波目をつけた段階で上昇の流れに変わり、4時間足のラインまで上昇が続いています。1時間足の波が続いている+4時間足のラインがあるため「売り」のタイミングを待っていました。

ユーロドル15分足

15分足でも波が続いていることが分かります。本来ならWトップができるまで待つのですが、環境認識、ラインを把握できている状況だったので「ボリバンルール」を採用しました。1.1600のラウンドナンバーがあることも判断材料です。

タッチの仕方が大きな陽線なのが気にはなったのですが、今回は根拠がいくつかあったのでエントリーしました。(理想はボリバンタッチで上髭になる形が理想)

利確について。この日は27時にFOMC議事録公表が控えていたため早めに利確することを決めていました。本来の利確ルールについてはこちらをご覧ください。

トレード手法について。環境認識、ライン、ロウソク足が大事。

ユーロドル15分足

1.15859で決済し、25pipsの獲得となりました。

ボリバンルールでない場合でもミニWトップからの陽線-陰線-陰線の黄色✓でエントリーできます。ボリバンルールのいいところは早めにエントリーできるため、同じ利確ポイントの場合利益を多く取ることができます。ただし、環境認識、ラインをしっかり見極めることが大事です。