AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

エアトレードで日々訓練② ボリバンルールでエアトレード。ユーロドル(10月16日)

ゲイスキャFXが公開されました。

ゲイトレーダーもってぃーさんの評判。商材は?ゲイスキャFXが公開!

 

エアトレード集の2回目はユーロドルです。

この日は仕事が休みだったので夕方からチャートをみていました。

1時間足で2波目だったので、もう1波ある可能性が残っている場面でした。

いつもは波の終わりをとらえる手法なのですが、エアトレードなので試してみました。

 

ユーロドル4時間足

1.16095で高値更新を試すも越えられず、Wトップの形になりました。

1.15360の黄色ラインまで戻し、ブレイクしました。4時間足ノントレンド。黄色のラインを割ったことで買いより、売りのほうが強気ではないかと考えました。

ユーロドル1時間足

1時間足は黄色のラインをブレイクしたあとに、2波目の戻しの状態とみていました。

ユーロドル15分足

15分足でも2波目の戻しだったため、もう1波あってもおかしくない状況と判断。

大き目の戻しになってはいるが、1時間足でも狙う方向が同じであることが心強いです。

ボリバンタッチで売りエントリー。

ユーロドル15分足

エントリー後(エアトレードです)は少し停滞するも下がり始めました。

ユーロドル15分足

第一利確目標の1.14800のラインに到達。ライン反発の包み陽線を確認したところで利確。1点目と合わせてWボトムからの包み陽線と判断。

20pipsは獲得できました。その後もラインを割って下落が続いていますが、ルールどおりの利確でOKです。

 

今回は、波の終わりをとらえるのではなく、波の流れにのるトレードとなりました。

Wトップを作らずに下落する場合でもボリバンタッチならエントリーできる例になったと思います。

参考にしてください。