AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

エアトレードで日々訓練④ 検証のためミニWボトムで入ってみると・・(12月4日)

エアトレード集の4回目は12月4日のドル円です。

15分足の根拠がミニWボトムだったため、実際のトレードは見送り、エアトレードで観察しました。

エアトレードとは?

エアトレードについてはこちらを参考にしてください。

エアトレードで日々訓練。エアトレードも記録していきます。

環境認識(4時間足、1時間足)

ドル円4時間足

ドル円4時間足は、ネックラインを割り流れがくずれつつある状況でした。

ただ、上昇の起点のラインは割っていないので「上昇トレンド継続中」と見ていました。

ドル円1時間足

1時間足では、勢いよく下落していることが分かります。

4時間足のラインがなければ、買いの検討さえもできない状況です。

上昇の起点のラインは強いラインの1つなので、15分足しだいでは買いもアリとみていました。

エントリー、利確、損切設定(15分足)

ドル円15分足

下落の勢いが強いので、波を小さくみると、3回波が続いていることが分かります。

この場面でミニWボトムからの陰線-陰線-陽線のローソク足で買いエントリー(エアトレ)

直近の下落も勢いがあるので、ここからの転換を狙うのではなく、戻しをとるイメージです。

・損切は10pips以内に設定。

・利確目標は113.00付近で約20pips。

ドル円15分足

うまく利確できていれば、20pipsの獲得になります。

利確ができなかった場合は損切になる場面でしたね。

白線のように、大き目のWボトムができれば買いエントリーをしようと考えていました。

まとめ

今回のエアトレードでは、利確しだいで20pipsの利益。または、10pipsの損切りなります。

環境認識では、4時間足は形が崩れるも上昇トレンド継続中。15分足の小さいながらも下落の波が続いていることを確認できた。

ラインは、4時間足の上昇の起点のラインであることを確認。(4時間足は上昇トレンド中)

ローソク足は、15分足でのミニWボトム後の陰線-陰線-陽線を確認。(下落の勢いが強いなかでのミニWボトムだったため、エアトレで観察)

※反転で保有するのではなく、戻しを取る意識ができていれば20pips取れるトレードになった。

※ミニWボトムの認識ができていたのはOK。戻しの利確も意識できていたのはよかった。

 

 

投資家おもちも学んだ専業投資家fxさんのメルマガです。相場の見方が変わります!

→専業投資家fx公式メルマガ

(しかも、無料で学べます。専業さんの説明はとても分かりやいですよ)

参考になった!という方は、応援クリックお願いします。↓↓


為替・FXランキング