AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

エアトレード(検証)で日々訓練⑥ ドル円日足ラインからのWボトムでエントリー!(12月10日)

エアトレード集の6回目は12月10日のドル円です。

日足のラインでの反発を見ていました。この場面で、Wボトムが確認できました。

実際には、すでに反発して上昇していたのでエントリーはできませんでした。

ルールどおりのエントリーポイントだったので、ここで入っていたら・・で検証しました。

エアトレードとは?

エアトレードについてはこちらを参考にしてください。

エアトレードはリアルチャート(タイムリー)での検証です。

今回の手法について

今回の手法は、シンプルにWボトムからの買いでのトレードです。参考記事はこちら。

トレード手法について。環境認識、ライン、ロウソク足が大事。

エントリーの最終判断に使うWトップ、Wボトムのパターンとは!?

ボリンジャーバンドを使ってエントリーのタイミングをとる方法

環境認識(日足、4時間足、1時間足)

ドル円日足

ドル円日足は、高値の切り下がりが気になっている状況ではありました。

ただ、青色ラインでの反発の可能性はあるとみていました。

ドル円4時間足

4時間足は、下落トレンドになっています。

1回目の青色ラインタッチはでは、下ヒゲで反応していることが分かります。

2回目の青色タッチでは、ラインを割り、下落トレンド継続になるのか。Wボトムとなり反発してくるのか・・どちらの可能性もあるとみていました。

ドル円1時間足

1時間足はあまりきれいなチャートではない印象でした。

ただ、青色ラインで反発するようならWボトムになる可能性を秘めてるとみていました。

青色ライン際でのローソク足しだいでは、「買い」が狙えるとみていました。

エントリー、利確、損切設定(15分足)

ドル円15分足

15分足の波の認識です。

下落の波が続いていたので、一旦、波が落ち着く状況でラインにタッチしました。

ドル円15分足

ラインのポイントで、陰線-陽線のローソク足で「買い」エントリー。

利確は、「反転のサインがでるまで保有する」です!

このケースはボリバンルールでもエントリーが可能です。

ドル円15分足

波の認識+日足のラインからボリバンタッチで買いエントリーできます。

ボリンジャーバンドを使ってエントリーのタイミングをとる方法

ドル円15分足

現在、まだ保有中になります。(含み益は80pipsです。)

まとめ

今回のエアトレードでは、80pipsの含み益状態となっています。損切設定は10pipsです。

環境認識

・日足のラインでの反発がある。

・4時間足、1時間足でのWボトムになる可能性があった。

ライン

・日足のラインのポイント。

・4時間足は、下落トレンドが続くか、反転するかの大事なラインであった。

ローソク足

・15分足で、陰線-陽線のローソク足を確認。

・15分足におけるボリバンタッチを確認。

損切り設定

・損切は、10pipsで設定。(ルールの20pips以内をクリア)

利確

・含み益は80pipsあり。損切は112.800辺りに移動させているため50pipsは確保済。

 

投資家おもちも学んだ専業投資家fxさんのメルマガです。相場の見方が変わります!

→専業投資家fx公式メルマガ

(しかも、無料で学べます。専業さんの説明はとても分かりやいですよ)

参考になった!という方は、応援クリックお願いします。↓↓


為替・FXランキング