エントリーまでに見ているポイントを紹介

エアトレードで日々訓練⑥ ドル円111.00のラウンドナンバー反発を使ったトレード

エアトレード集の6回目は12月21日のドル円です。

この日の相場分析動画の

FX相場分析動画 2018年12月21日(金) ドル円は111.00で反発なるか!?

で想定した111.00反発からのWボトムの形になりました。

ただ、夜中での動きのため実際にはエントリーできていません。ここで、エントリーしていたらどうなったのか・・エアトレードで解説していきたいと思います。

エアトレードとは?

エアトレードについてはこちらを参考にしてください。

エアトレードはリアルチャート(タイムリー)での検証です。

今回の手法について

今回の手法は、シンプルにWトップからの売りでのトレードです。参考記事はこちら。

トレード手法について。環境認識、ライン、ロウソク足が大事。

エントリーの最終判断に使うWトップ、Wボトムのパターンとは!?

ボリンジャーバンドを使ってエントリーのタイミングをとる方法

環境認識(4時間足、1時間足)

ドル円4時間足

ドル円4時間足は、青色のラインを割った後、下落が進みました。

戻しが入っていない状況なので、111.00のラウンドナンバーで反発の可能性があると考えていました。(この時点で、長く保有するのではなく、早めの利確が必要と判断しています。)

ドル円1時間足

1時間足では「下落トレンド」継続中の波になっています。

1時間足レベルでWボトムになるようなら、一旦の反発の可能性があるとみていました。

エントリー、利確、損切設定(15分足)

ドル円15分足

15分足で考えていたことは、Wボトムを形成し、

・反転のローソク足がでるパターン。

・ボリバンタッチでエントリーするパターン。(ボリバンが収縮しつつあるため)

この2つを想定していました。

実際には、ボリバンタッチ+下ヒゲのある陽線が確認できたので「買い」でエントリー。

ドル円15分足

利確も2パターンあると考えます。

4時間足の波では、まだ下落の余地がある状況です。一旦の戻しで上昇する可能性はあるので、保有するのもアリです。

①15分足での第一利確目標で決済。

②反転のローソク足がでるまで保有。ある程度の含み益で損切を建値設定。

上記の画像は、第一利確目標で決済した場合です。

②のパターンであれば、現在保有中になります。

まとめ

今回のエアトレードでは、32pipsの獲得となりました。(①のパターン)

②のパターンでの利確は、現在保有中です。建値撤退になる可能性もあります。

損切設定は20pipsです。

環境認識

・4時間足は、下落が強い状況。戻しが発生していないので、戻しでの反発の可能性があった。

・1時間足では、下落トレンド中。111.00反発でのWボトム形成の可能性あり。

ライン

・日足のラインにも近づき、111.00のラウンドナンバーを確認。

ローソク足

・ボリバンタッチからの下ヒゲ陽線を確認。買いでエントリー。

損切り設定

・直近の安値で20pipsの損切設定。Wボトムの左肩だと30pipsほどになるため、直近の安値に設定。

利確

・利確は2パターンあり。

①15分足での第一利確目標で決済。→32pipsの獲得。

②反転のローソク足がでるまで保有。ある程度の含み益で損切を建値設定。

→現在保有中。建値撤退になる可能性もあり。

 

投資家おもちも学んだ専業投資家fxさんのメルマガです。相場の見方が変わります!

→専業投資家fx公式メルマガ

(しかも、無料で学べます。専業さんの説明はとても分かりやいですよ)

参考になった!という方は、応援クリックお願いします。↓↓


為替・FXランキング