AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

ドル円相場振り返り(2018年11月12日~16日)

こんにちは、投資家おもちです。

今日は、オートバックスで洗車をしてきました。

ガゾリンスタンドの機械でやるより、きれいさが長持ちするのでオートバックスを利用しています。

今週は、1回のトレードで-15.6pipsとなりました。

FXトレード記録 2018年11月16日(金)15分足ボリバンタッチでエントリー!15分足にも根拠を!

 

それでは、今週のドル円を振り返りましょう!

 

ドル円日足

日足は高値のラインを挑戦する週となりました。

到達できずに戻してきています。

ドル円4時間足

上昇トレンド継続から、レンジをはさみ、113.00のラインを割ったことでノントレンド状態で週の終わりを迎えました。

波が続いていたことから、前半は114.00のラインでの売り狙い。

後半は113.00の4時間足での上昇の起点のラインを注目していました。

ドル円1時間足

オレンジ色ラインより上のゾーンと下のゾーンとみることができます。

1時間足ではオレンジ色のラインを下に抜けたことが上昇トレンドがくずれ、下落トレンド発生となりました。注目していたのは2か所です。

ドル円1時間足

青色で囲った部分が注目ポイントです。

1つ目は、4時間足の波が続いていること+114.00のラインを背に売りが可能。(実際には、ルールのローソク足が発生していないため、ノートレード)

2つ目は、1時間足で下落トレンド発生からの、MA60に抑えられてからの売り。(基本的は戻り売り)1時間足のサポートライン+MA60の反発。

 

ドル円15分足

114.00のラインからの売りを狙うも、15分足では売りサインがでませんでした。

ドル円15分足

MA60反発のポイント。

ペナントの形を下に抜けたポイントでエントリーが可能でした。

 

ドル円15分足(ボリンジャーバンド表示)

今週のトレード記録のポイントは2点目の赤チェックになります。

FXトレード記録 15分足ボリバンタッチでエントリー!15分足にも根拠を!

1つ目の赤チェックであれば、15分足で波が続いたあとに113.00に到達。

ボリバンタッチ後に反発(戻し)があるのが分かります。

1つ目と2つ目の違いは、波が続いたあとなのか、1波目かの違いになります。

より優位性の高い場面でなければ、ボリバンルールであっても損切りになりますので、しっかり、環境認識、ラインの把握が重要になります。

 

来週もトレード頑張りましょう!

 

投資家おもちも学んだ専業投資家fxさんのメルマガです。相場の見方が変わります!

→専業投資家fx公式メルマガ

(しかも、無料で学べます。専業さんの説明はとても分かりやいですよ)

 

参考になった!という方は、応援クリックお願いします。↓↓


為替・FXランキング