【投資資金も貯まる】お得にFXの口座開設をする方法はこちら

ダイバージェンスを使ったトレード手法とは!?

先日、ダイバージェンスを補助的に使用してエアトレードをしました。

今日は、ダイバージェンスについて説明したいと思います。

ダイバージェンスとは!?

ダイバージェンスとは・・

トレンドが続いているにも関わらず、オシレーター系が反対の動きをしている状態です。

(オシレーター系には、RSI、MACDなどを使用します。私は、RSIを採用しています。)

例えば、チャートは上昇トレンドで安値を更新しながら上昇しているのに、RSIは高値を切り下げている状態のことです。(下落トレンドの場合は反対の動き)

(手作り感満載ですみません)イメージしていただけたらうれしいです。

ダイバージェンスは何に使う?

ダイバージェンスは、エントリーサインとして使います。

ダイバージェンス=トレンドの終わりのサインなので、トレンドとは逆の方向にエントリーします。

ただ、ダイバージェンスがでればどこでもエントリーしていいわけではありません。

波が長く続き、そろそろ波が一服するかな・・という状況でこそ威力を発揮します。

重要なラインの近くであることも重要です。

実際のチャート(ダイバージェンス発生)

それでは、実際のチャートを見てみましょう。

ドル円1時間足

11月20日のドル円1時間足のチャートです。

チャートは下落しているにもかかわらず、RSIは安値を切り上げていることが分かります。

ダイバージェンスの発生です。ここを起点に戻しが発生していることが分かります。

ただ、このままではエントリーできません。何かしらの根拠がないと。

自分だったら、1時間足でのダイバージェンスの発生を確認して、15分足のチャートを見ます。

ドル円15分足

15分足のWボトムを確認して、買いでエントリーすることができます。

このトレードについてはこの記事にまとめていますので、ご覧ください。

エアトレードで日々訓練③ ダイバージェンス発生!ドル円(11月20日)

 

参考にしてください。

 

投資家おもちも学んだ専業投資家fxさんのメルマガです。相場の見方が変わります!

→専業投資家fx公式メルマガ

(しかも、無料で学べます。専業さんの説明はとても分かりやいですよ)

 

参考になった!という方は、応援クリックお願いします。↓↓


為替・FXランキング