知っている人だけが得をする!お得に口座開設をする方法を紹介中

「今、ここ、生きる」を実践するために、やるべきこと。

前回の記事で、マインドフルネス、瞑想について紹介しました。

「今、ここ、生きる」を実践するために、マインンドフルネス、瞑想についてまとめてみました

今回は、日常の生活で「今、ここ」を実践するためにやるべきことをまとめました。

習慣化することが何よりも大事ですからね。

朝、就寝前の呼吸法。瞑想タイム(座禅で5分間)

・まずは、呼吸法を身につけるために朝、就寝前に行います。

・基本的には、「姿勢を正して、ただ自分のしている呼吸に意識を向ける」だけです。

・姿勢は、背骨が気持ちよく伸びていて、首や肩に、よけいな力が入っていないこと。

日常生活で実践すること

・過去、未来に行っているときは、一旦、呼吸に意識する。

浮かんでくる雑念の対処法

雑念の対処法として「思考のラベリング」を実践します。(マインドフルネス瞑想入門より)

感覚(雑念)を感じたら、その直後に「ラベリング」し、「今、ここ」の出来事を「言葉」で確認する。ラベリングは声にださず、心のなかで一度だけ唱えてください。

例えば・・

・音が気になったら、「音」とラベリング。

・食べ物のことを考えたら、「雑念」とラベリング。

日常生活すべてが訓練の対象

瞬間、瞬間に意識を向けて、なにごとも心を込めて行えば、日常生活のすべての動きがトレーニングになる。

 

何かをするための手段としてではなく、目の前のことをすることこそが、「人生の目的」であるかのように集中していくと、「今、ここ」とつながることができる。

マインドフルネス瞑想入門より