AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

トレード手法(マイルールについて)

おはようございます。omotiです。

エントリー、損切、利確に関するトレード手法についてはこちらで記載しました。

トレード手法について。環境認識、ライン、ローソク足が大事!

今日はこれ以外に自分がトレードするうえで決めているマイルールについて書きたいと思います。

  1. 基礎基本に基づいたトレードをする。
  2. 1日2回負けたらその日のトレードは終了する。
  3. 損益比は1:1以上を確保する。
  4. 保有通貨ペアは1通貨のみ。
  5. エントリー判断はパソコンから判断する。
  6. 次の日にポジションを持ち越さない。(損切を建値に設定できた場合を除く)

細かいことを上げたらまだありますが、これについては必ず守るようにしています。

1つずつみていこうと思います

1.基礎基本に基づいたトレードをする。(=トレードルールを守る)

当たり前のことなんですが、気づいたらルールを破っていたということがあるので。自分に常に言い聞かせています。トレードにはいろんな戦略があると思うのですが、自分のルール以外はトレードしません。

例えば、「ブレイクアウト」。これも戦略の1つだと思うのですが、自分はこれでたくさん負けてきました。チャートをみているとトレードしたくなるのですが、「基礎基本に基づいたトレードをする」と自分に言い聞かせるようにしています。むしろ今では、ブレイクアウトからの戻りが自分のルールに合致したときはエントリーします。

 

2.1日2回負けたらその日のトレードは終了する。

2回負けるということは環境認識ができていない可能性があると考えます。しかも2回負けたことによって取り返そうと意地になることがあります。さらに負けて損失が膨らむ・・負けのスパイラルになるので、1日2回負けたらその日のトレードは終了することを徹底します。

仮に2回負けた後に勝って±0になったとしても次につながらないと考えています。

 

3.損益比は1:1以上を確保する。

エントリー時に第一利確目標までと損切の幅が1:1以上あるポイントだけエントリーします。1:1が確保できないようであれば見送ります。

4.保有通貨ペアは1通貨のみ。

すでにポジションを保有している場合は、他にポジションは持ちません。たとえチャンスが来たとしても見送り、保有しているポジションのみにします。

仮にドル円買いとユーロドル売りを保有した場合、どちらも利益になることもあれば、2つとも損切になるケースもあります。この通貨は反対の動きをすることが多いからです。注意が分散することでルールどおりに損切、利確ができなくなるのを防ぐ意味でも実施しています。

 

5.エントリー判断はパソコンから判断する。

スマホだけで判断しないということです。やはり相場は左側の波が大事だと考えています。スマホだと流れを感じとりづらいです。ローソク足もパソコンより大きく動いているように見えてしまいます。これは自分だけかもしれませんね。

 

6.次の日にポジションを持ち越さない。(損切を建値に設定できた場合を除く)

気になって睡眠が浅くなるからです(笑)夜中の3時くらいにハッと目が覚めてしまいます。建値を設定できた場合は起きずに寝ています。健康第一なので可能なかぎり持ち越さないようにしています。損切はしっかり設定しているので想定している損失以上にでることはないんですけどね。

 

以上がマイルール6つでした。

 

 

参考になった!という方は、応援クリックお願いします。↓↓


為替・FXランキング