知っている人だけが得をする!お得に口座開設をする方法を紹介中

【1分足スキャルロジック】20万円から開始してどこまで増やせるか。

メインロジックとは別にスキャルに挑戦しようと思います。

基本的な考え方はメインロジックと同じなので、研究も兼ねて実践していきます。

基本は通常ロジックと同じ

最終エントリーは1分足ですが、基本的な考え方は通常ロジックと同じです。

環境認識、ライン、ローソク足を使ったトレードとなります。

通常どおり、相場分析をしたあとに、1分足の環境をみる流れになります。

1分足の波の終わりをとらえる

1分足だからと、特別なことをするわけではなく、15分足でやっていることと同じことをします。

パターンとしては2パターンを考えています。

①長期の波の終わり(15分足)をとらえる

 

②15分足の押し目、戻しの場面におけるトレード

この2つを軸にトレードしていきたいと思います。

1つずつ見ていきましょう

長期の波の終わりをとらえる

今回の長期の波は15分足になります。(通常の相場分析で4時間、1時間足も確認する)

15分足の波の終わりの場面を、1分足でタイミングをみてエントリーします。

(1分足の波の終わりも考慮する)

15分足で波が終わるか分からない状況でのトレードになりますので、

一旦の反発狙い

の認識が重要になります。

そのため、早めの利確が大事になると考えています。

イメージはこちら↓↓

ドル円15分足

(黄色いラインが15分足以上のラインと仮定)

15分足で波が続いており、黄色のライン反発の買いを待っている場面。

15分足だけだと、トレードできずに見送るケースです。

この状況を1分足で確認すると・・

ドル円1分足

1分足をみると、下落トレンドからレンジをはさみ、上昇の流れに。

1分足でも波が終わる可能性がある場面か?は必ず確認します。

その後にWボトム(今回はレンジ気味で少し汚くなっていますが)を確認し、エントリー。

あまり波を小さく見すぎないほうがいいのかもしれません。

損切りは直近安値に。

利確は後述します。

15分足の押し目、戻しの場面におけるトレード

パターン①では、波が終わる場面でしたが、今回は、トレンド途中の押し目、戻り売りを狙うトレードになります。

直近の相場でいい感じのチャートがなかったため、イメージ図になります。

15分足で押し目(上昇の場合)を作る時に、1分足では下落トレンドになっていることが多くあります。この短期的な下落の終わりを狙うのが、今回のパターンになります。

1分足だとタイミングが重要になりますが、焦らず、しっかり反転のサインがでるまで待つことを心掛けたいと思います。

利確のルール

利確についてもしっかり決めておきたいと思います。

スキャルピングなので、コツコツ利益を積み上げていくのもいいのですが、メインロジックと考え方は同じにしておきたいと思います。

利確については分割決済を採用します。

利確①・・損益比1:1以上のポイントで決済。

 

利確②・・反転のサインがでるまで保有する

1分足であっても伸ばせるときは、伸ばして利益の最大化を図りたいと思います。

欲張りすぎないように注意は必要ですが・・。

検証、実践をしながら改善していきたいと考えています。

20万円チャレンジ挑戦中

実際にトレードするのはもう少し先になりそうですが、20万円を資金に開始したいと思います。

どこまで増やせるのか挑戦したいと思います。

大事なのは、ルールどおりに実践し、結果的に資金が増えていることです。

いくら増えた!

に注目せず、ルールどおり淡々とこなし、少しずつ資金が増えていく様子を伝えられたと考えています。

開始時の口座の状況(2019年9月1日)

 

数千円増えたのですが、通常ロジックに影響がでてきたので終了とします。