AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

ユーロドルはどこまで下げるのか。ポンドドルは日足のローソク足に注目してみよう!(9月3日)

こんばんは!

昨日は米国が祝日だっため、今日が9月のトレード始めとなります。

やることは変わらず、ルールどおりに淡々としていきたいです。

FX相場分析動画

本日は画像での相場分析のため動画はお休みに。

本日の紹介動画は、FXで馬さんの「休日の馬講座」です。

今回のお題は「自分にあったスタイル選び」

投資家おもちも学んだ専業投資家fxさんのメルマガです。相場の見方が変わります!

→専業投資家fx公式メルマガ

通貨ペア別ポイント

ドル円

・4時間足は大きなレンジ内での動きとなっています。

・1時間足は、上昇の流れになっているものの、やはりレンジとみています。

ユーロドル

・4時間足は、日足のラインもブレイクし、大きく下落が続いています。基本的には売りが優勢の相場ですが、戻しも作らずに下げているため、一旦の戻しもありそうです。

・1時間足は、下落トレンド継続中となっています。角度はありますが、ダイバージェンスが発生しているため、一旦の戻しの可能性もあります。ただ、目立ったラインがないため、買いづらく感じています。

・15分足も下落トレンド継続中となっています。波が続いており、買いも検討できる場面です。

(実際にエントリー中のため、結果は後日)

ポンドドル

日足

日足は安値を試す動きになっています。

下ヒゲで終わるのか、安値更新し、下落に勢いがでてくるのか・・重要な場面になっています。

4時間足

4時間足は、実体でベースで日足の安値を更新しています。

これだけみると、下げてきそうに感じますが、日足でどうなるか・・を意識したほうがよさそうですね。

1時間足

1時間足は、下落トレンド継続中となっています。

下落の起点のラインまで戻しているので、戻しの勢いもあります。

波の認識では、下落トレンドが長く続いているので買うタイミングを待ちたいです。

15分足

15分足を見ると、戻しが強いことが分かります。

ただ、大きな上ヒゲが気になりますね・・・。

FXお役立ち情報


相場から利益を上げる22の技術

↑↑無料で書籍がもらえます。(送料のみ)

FXにおける相場心理を学びたい方、相場心理とは?と思う方にはオススメ。