エントリーまでに見ているポイントを紹介

ユーロドルで7.8pips獲得。底をとらえたトレード!決済後に大きく伸びましたが・・(9月3日)

9月3日のユーロドルのトレード記録です。

建値撤退後に大きく伸びるパターン・・・。

建値にするのが早かったかもしれません。それでも利益は確保できたので良しです。

トレード結果

・通貨ペア:ユーロドル

・獲得pips:7.8pips、-0.6pips(建値撤退)

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!なつかしい。

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足は、大きく下落している状況でした。

戻しもなく、下落しているため、どこかで戻しが入るのでは?と考えていました。

注意しないといけないのは、

これだけ下がったから上がるだろう・・という根拠のないトレードはダメ。

ルール通りにトレードすることが重要になってきます。

1時間足

1時間足をみると、下落トレンド継続中になっています。

波が続いていることから、そろそろ買えるな・・と見ていました。

RSIを確認すると、ダイバージェンスになっていることが分かります。

波の認識はこちら↓↓

1時間足

波が続いているものの、戻しが小さいのは気になる点の1つでした。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足をみると、こちらも下落トレンド継続中となっていました。

15分足のWボトム狙いで、赤チェックで買いエントリー。損切りは直近安値に。

本当なら、下ヒゲ陰線後の陽線でエントリーなのですが、チャートを開いた段階で戻してきていたので、このタイミングでエントリーしました。

ルールに合致するポイントでしたが、気になるポイントが2つ

・長期足の強いラインがない。

 

・ライン反発からの戻しが小さい

2つに加えて、大きな流れに対して逆張りだったので、

今回はロットを落としてエントリーしました。

15分足

第一利確目標付近まで伸びた瞬間に分割決済。

本来は、ローソク足確定まで待つのがルールなので、ここは反省点。

15分足

含み益がでてきた場面で建値に設定。(←早すぎた?)

15分足

急な上下の動きがあり、建値撤退。

動きが急だったので、微損になっています。

ただ、この動きのあとに大きく上昇していきました。

まとめ

環境認識

・4時間足は下落の状況。

・1時間足も下落トレンドではあるが、波が続いていることを確認。ダイバージェンスも確認できた。

ライン

・目立った強いラインはなし。1時間、15分足でWボトムの可能性あり。

ローソク足

・下ヒゲ陰線-陽線を確認。(実際のエントリーは遅れて)

損切設定

・直近安値に設定。

利確

・分割決済を予定。

ユーロドルのその後の動き

指標での動きもあり、80pips以上の上昇となっています。

とほほ・・・。

第一利確目標で反応しているものの、上昇していきましたね。

建値に設定しなければいいのでは?という考えもでてきますが、建値設定で救われることもあるので、難しいですね。

利確はまだまだ改善の余地があるので、研究していきたいです。