AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

エントリー後の急上昇はラッキー!狙って取れるものではない。ドル円でもったいないことに(8月13日)

8月13日のドル円のトレード記録です。

買いでエントリーするも、ルールどおりの形ではなかったので、建値撤退に。

その後に、トランプ大統領の発言で100pips以上の上昇に。

保有していれば・・・という感情がでてきたトレードです。

急騰、急落は狙えるものではなく、エントリー後にでたらラッキー!ぐらいの感覚がいいと思います。

トレード結果

・通貨ペア:ドル円

・獲得pips:2pips(撤退)

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足は下落トレンド継続中の相場となっていました。

波の認識からは、もう1波あってもいい状況と判断していました。

ただ、反応するライン候補としては、

・直近の105.00のラウンドナンバー

・もう1つ下の週足のライン

候補としては、この2つを考えていました。

下げ方が小さかったので、RSIを表示させてみると・・

4時間足

ダイバージェンスが発生していることが分かります。

チャートは安値を更新しているにも関わらず、RSIは切り上がっている状態に。

絶対ではありませんが、反転の兆しがあるのではないか?と判断できます。

1時間足

1時間足は、レンジの安値を更新し、下落トレンド継続中となっていました。

波の認識からは、もう1波考えられる状況でしたが、

・1時間足のWボトムの可能性がある

・105.00のラウンドナンバーでの反発

これらの環境から、15分足の動きしだいですが、買うタイミングを待っていました。

波の認識はこちら↓↓

1時間足

赤い囲みのレンジを抜け、青色のWボトムを作るように見えます。

しっかり反発してこないとWボトムになったかの判断はできません。

ここでは、Wボトムになる可能性があるな・・ぐらいで見ていました。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足の短期的な波をみると、上昇トレンドが崩れ、下落の波になっています。

その場面で、ライン反発からの陰線-陽線-陽線のローソク足で買いエントリー。

波の認識はこちら↓↓

15分足

赤色の上昇が崩れ、黄色の下落の波が発生。

大きくみるとレンジ内の動きですが、小さくみて下落の波が続いていると判断しました。

ただし、4時間、1時間足は下落トレンド継続中だったため、早めの利確を考えていました。

反発の可能性として見ていた点はもう1つ

日足の下落からの戻しがほとんどない状況だったこと

戻しもなく下げていたので、105.00をきかっけに上げてくる可能性もあるとみていました

15分足

エントリー前に気づくべきだったのですが、反発のローソク足を確認はしているものの、自分のルールであるWボトム(15分足)になっていませんでした。

しっかり、Wボトムになるまで待とう・・・と考え、2pipsで撤退。

形ができるまで待つことに

ワンタッチで入る場合は、ボリバンルールを採用しています。

まずは、ルールどおりを徹底することを優先しました。(←当たり前)

ドル円のその後の動きは・・・まとめの後に書きました。

まとめ

環境認識

・4時間足でダイバージェンスを確認。1時間足でWボトムの可能性が。

・15分足では、下落の波が終わる可能性がでてきた。

ライン

・今回は、105.00のラウンドナンバー。

ローソク足

・陰線-陽線-陽線のローソク足を確認。(←Wボトムの形は待てていないので☓)

損切設定

・直近安値に。

利確

・分割決済を予定。

ドル円のその後の動き

その後の動きをご存じの方も多いのでは。

15分足

トランプ大統領の発言で急上昇。

建値決済せずに持っていれば・・・という感情がでてきましたが、ルールどおりやろうとしていたのでOKとします。

このような、発言での急騰、急落は狙ってとれるものではないです。

ルールどおりエントリーしていたら、急騰(急落)し大きな利益になった。

このようなラッキーであればいいと思います。

始めから、根拠もなく、上がるだろう・・のトレードはしないようにしてくださいね。

 

この動きで、相場が分かりづらくなってきましたが、しっかり自分のルール通りトレードしていきたいと思います。