AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【FXトレード記録】ドル円日足の下落の流れを狙ったトレード。結果は建値撤退に(6月4日)

6月3日のドル円のトレード記録です。

日足で下落トレンドが発生したので、素直に売りを狙いました。

トレード結果

・通貨ペア:ドル円

・獲得pips:0.4pips(建値撤退)

FXお役立ち情報!

私も以前に参加した「The Secret FX」の実践トレード動画です。

自分のメインロジックのローソク足はこの教材から学びました。

動画では実際のチャートもでていますね。鋭い方は動画見るだけで手法に気づくかも。

紹介記事はこちら→The Secret FXの評判と感想。ローソク足を使ったシンプルな手法。

環境認識(4時間足、1時間足)

日足

日足は109.00のラインも割り、下落トレンドになっていました。(画像は6月4日現在)

戻しが入る可能性もありましたが、基本的には売り目線でみていました。

1時間足

1時間足では1本の大きな下落中とみていました。

どこかで戻しが入ってから下落することを想定していました。108.47のラインは日足の左側にあるヒゲの部分です。短期足で反発のローソク足が確認できれば、売りも可能と考えました。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足では波が続いており、本来なら買える場面。

ただ、日足レベルで下落トレンドが発生したばかりだったので、売れるタイミングを考えていました。

波の認識はこちらで学びました→(環境認識論セミナーの3の法則)

波が続いたあと、下落の起点のラインを越え、ノントレンド状態に。

ノントレンド状態は、0の状態。トレンドの始まりになる場所でもあります。

長期足でも波が終わる状況であれば、買いを考える場面ですが、長期足で下落の流れのため、売りを考えました。

上値を試すも越えられず、上ヒゲ陰線(トンカチ)を確認して売りエントリー。

15分足

エントリー後は下落し、含み益がでてきたところで建値に設定。(時間が遅くなってきたため)

15分足

23時の指標でしたね。上下の動きになり、建値撤退に。

まとめ

環境認識

・日足は下落トレンド発生。基本的に売りを狙う相場と判断。

・15分足では下落の波が終わり、ノントレンド状態に。新たな売りの流れになる可能性があると考え、売りのタイミングを待つことに。

ライン

・目立ったラインはないが、左側に日足のヒゲのラインあり。

ローソク足

・上ヒゲの陰線(トンカチ)を確認し、売りでエントリー。

損切設定

・直近高値に設定。(含み益がでた段階で建値に設定済)

利確

・保有する予定でしたが、建値にかかり建値撤退になりました。

その後の動き

一夜明けて見直すと、もう一度高値を試す動きになってから下落しました。

建値に設定しなければ・・・という考えはしないようにしたいと思います。

目線はあっていたのはうれしいですね。