エントリーまでに見ているポイントを紹介

【FXトレード記録】ユーロドル4時間足レンジ下限の反発を狙ったトレード。24.7pipsの獲得に(9月26日)

9月26日のユーロドルのトレード記録です。

利確後に下げてきたので、いいタイミングで逃げることができました。

トレード結果

・通貨ペア:ユーロドル

・獲得pips:21.8pips、24.7pips(分割)

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!なつかしい。

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足は、大きなレンジ内での動きとみていました。

ただ、レンジ内の動きをみると、下落の波を作り、波が続いていることが分かります。

波の認識はこちら↓↓

4時間足

緑色の囲みが大きなレンジになります。

下落の波が続いた場面で、4時間足のレンジ下限に到達。

買いが狙える場面とみていました。ただ、このラインを割ってくると下落に勢いがつくので、しっかり損切りすることが大事になります。

1時間足

1時間は分かりやすい下落トレンド継続中の相場となっていました。

波が続いていることから1時間足でも買いを検討できる相場になっています。

波の認識はこちら↓↓

1時間足

黄色の下落の波の大きさが気になりますが、最後の紫色の下落の波と比べてみてください。

(まだ下げの途中ではありますが)黄色の波と比べて小さくなっていることが分かります。

実際のエントリーは15分足しだいかな・・と見ていました。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足の下落トレンド継続中の相場になっていました。

こちらも波が長く続いていることから買える環境とみていました。

黄色の4時間足のラインで反発、ミニWボトムからの陰線-陽線で買いエントリー。

本来はもう少しゆったりとしたWボトムができるのを待つのですが、4時間、1時間、15分足と波が続いていた状況から、4時間足のラインタッチで早めにエントリーしました。

ミニWボトムでのエントリーだったため、ロットを落とす対応をしました。

15分足

エントリー後に上昇の動きに。

含み益がでた段階で建値に設定。

15分足

第一利確目標で0.2ロットを利確。21.8pipsの獲得に。

本来ならローソク足確定まで待つのですが、勢いよく伸びたところで決済してしまいました。

15分足

その後、高値更新を目指す動きを見せるも更新せず。

更新すれば、そのまま保有しようと考えたのですが、

就寝時間が迫る・・・

利確を決断。24.7pipsの獲得に。

まとめ

環境認識

・4時間、1時間、15分足は下落トレンド継続中だったが、どの通貨も波が続いている状況だった。

ライン

・4時間足レンジ下限のライン。

ローソク足

・陰線-陽線のローソク足で買いエントリー。(ミニWボトムを採用)

損切設定

・直近安値に設定。

利確

・結果的に第一利確目標で決済。

その後の動き

15分足

見事に決済したポイントから下落していきましたね(笑)

ただの偶然ですが。建値にかかったとしても半分は利益になるケースだったと思います。

それよりも、下落後の黄色の囲みをご覧ください。

安値を試すも下ヒゲで見事に跳ね返されています。最後の下ヒゲ付近で買いでエントリーできましたね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます!