AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【FXトレード記録】波の見方で戦略が変わる。反省から学んでいこう(9月4日)

9月4日のユーロドルのトレード記録です。

波の見方を間違えたトレードとなりました。

間違えたというよりは、無理やりあてはめていたのでしっかり振り返ります。

トレード結果

・通貨ペア:ユーロドル

・獲得pips:-15.7pips

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!なつかしい。

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足は下落が続いていた相場から、戻しが入ってきました。

1.10270の赤色ラインは日足のラインでもあり、反発下落の可能性があると考えていました。

1時間足

1時間足は、下落トレンドが崩れ、ノントレンド状態になっています。

押し目も作らずに上昇しているので、1時間足だけをみると上昇の勢いが強いことが分かります。

ノントレンド状態は、新たな波の起点になる場所なので、これからの動きに注目していました。

ただ、売りと買いが戦いやすくなるので、タイミングが重要になります。

波の認識はこちら↓↓

1時間足

下落の起点のライン(オレンジ色)を超えてきたことで、ノントレンド状態に。

黄色のような上昇とみていましたが、水色のような波にも見える・・・

(水色だと上昇トレンド中です。少し判断に迷っていたのは事実です。上昇トレンド判断だと、戦略が変わってくるので。)

昨日の判断では、15分足の動き次第で売りを狙っていました。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足は上昇トレンド継続中の相場となっていました。

波が続いていたことから売れるタイミングを待っていました。

(振り返ってみると、もう1波あってもいい状況でしたね)

昨日の段階でみていた波の認識↓↓

15分足

このように判断し、波が続いていると考えました。

(どう見ても、無理やりすぎるなと。黄色の波は押してないですね。無理がありました)

波を書き直すと↓↓

15分足

こっちのほうがしっくりきますね。

一方向に押し目も作らず動く相場は、やはり苦手です。

苦手な意識はあったので、見送る判断も必要だったのかもしれません。

 

実際のエントリーは、Wトップからの陽線-陰線-陰線のローソク足でエントリー。

 

(Wトップになってはいるのですが、小さめWトップなので、本来なら見送り、大き目Wトップになるのを待つ場面。結果論かもしれませんが)

15分足

勢いよく上昇し、損切に。

なかなか下げてこないので、撤退を考えていた時の上昇でした。

まとめ

環境認識

・4時間足は戻しの段階。

・1時間足ノントレンド状態と判断し、ライン反発を狙った。(←波の見方に迷いがあった)

ライン

・日足の安値を更新したライン。

ローソク足

・陽線-陰線-陰線のローソク足でエントリー。

(Wトップの形、直前の上昇、見送るべきだった)

損切設定

・直近高値に設定。

利確

・分割決済を予定。

ユーロドルのその後の動き

一夜あけてからのユーロドルの様子です。

じわじわ上げているものの、勢いが弱くなった印象です。

本日は、白色線のようにしっかり戻してからの反発を狙っていきたいと思います。