AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

ルールを破ってユーロドルで-19.8pipsの損切に。(1月29日)

1月29日のユーロドルのトレード記録です。

ルールにあっているようであっていない。

長期足の条件が良くても、最後のエントリータイミングはしっかり待ちましょう(笑)

トレード結果

・通貨ペア:ユーロドル

・獲得pips:-9.9pips、-9.9pips

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

ツールの秘密がついに明らかに・・。

 

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足は、細かいながらも下落トレンド継続中となっていました。

ミニWボトムも確認できる状況。

1時間足

1時間足は下落トレンド継続中となっていました。

波が続いていること、Wボトム形成なるか・・の場面だったため、買える状況とみていました。

エントリー判断(15分足)

15分足

15分足は、安値のラインに向かって下落の波を作っているのがわかります。

波が続いていることから買える状況。包み陽線で買いエントリー。

 

何の違和感もなくエントリーしたのですが・・・ルール違反をしていました。Σ(・□・;)

1時間足でWボトムとはいえ、15分足ではワンボトム。(大きくみればWボトムにも見えますが・・)

ワンボトムの場合は、ボリバンルールならエントリー可能。

今回は違ったので、ルール違反ですね。

利確について

利確については、今年のルールである分割決済になります。

決済ポイントは2か所。

・第一利確目標(直近の高値)

 

・反転のローソク足がでるまで保有する

この2点になります。

そして、指値に設定したら、あとはチャートは見ずに、放置の作戦です。

15分足

安値を割り、損切に。

その後、しっかり戻してきました。(今月はこのパターンが本当に多い)

相関関係の判断(馬CSツールより)

相関関係について、FXで馬さんのツールである馬CSツールを利用しました。

この時の状況はこちら

15分足

EUR、USDともに上げ傾向になっていましたね。

オーダブックの状況

トレード時のオーダブックの状況はこちら↓↓

安値には厚めの買い注文を確認。

まとめ

環境認識

・4時間足、1時間足ともに下落トレンド継続中。波が続いていることを確認

ライン

・少し下に日足のラインあり。

ローソク足

・包み陽線で買い。(15分足のWボトムは確認できず)

損切設定

・直近安値に設定。

利確

・損切に。

その後の動き

その後のチャートの動きは、

15分足

編集後記

ルールを破ってしまったので何も言えません。

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。