AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

新たな負けパターンが発覚!ポンドドルで21pipsの損切に(1月28日)

1月28日のポンドドルのトレード記録です。

最近は同じような負け方が続いているので、注意が必要ですね。

新たな負けパターン(認識はしていた形)を発見できたので、しっかりつぶしていきたいと思います。

トレード結果

・通貨ペア:ポンドドル

・獲得pips:-21pips(←またまた1ポジション)

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

ツールの秘密がついに明らかに・・。

 

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

緩やかに波を見ると、

下落トレンド→ノントレンド状態→深く押してきている

とみていました。

1時間足

1時間足は、下落トレンド継続中となっていました。

波が続いていることから、一旦の買いを狙える相場と判断。

エントリー判断(15分足)

15分足

15分足も下落トレンド継続中とみていましたが、

見返すと1度ノントレンド状態になり、新たな下落が発生。下落トレンド継続中でもう1段下げると判断できる相場でしたね。

1.3000のラウンドナンバーもあり、包み陽線で買いエントリー。

直近の下げ方がやはり気になります。(←こういう時は、Wボトムも戻しが小さく、反発してすぐ下落になることが多いような気がします。)

もう少し緩やかなWボトムになるまでしっかり待つことが必要かもしれません。(←相場状況にもよる)

利確について

利確については、今年のルールである分割決済になります。

決済ポイントは2か所。

・第一利確目標(直近の高値)

 

・反転のローソク足がでるまで保有する

この2点になります。

そして、指値に設定したら、あとはチャートは見ずに、放置の作戦です。

15分足

・・・・損切に。

結果的に、1.3000のライン内に戻ってきましたね。

相関関係の判断(馬CSツールより)

相関関係について、FXで馬さんのツールである馬CSツールを利用しました。

この時の状況はこちら

15分足

ポンドが弱く、ドル円は強いことがわかります。

ポンドドルが下げているのは、一目でわかりますね。

オーダブックの状況

トレード時のオーダブックの状況はこちら↓↓

下には厚めの買い注文があることがわかります。

上には売りの指値があるものの、買いの逆指値も入っている印象があります

まとめ

環境認識

・4時間足、1時間足ともに下落トレンド継続中。波が続いていることを確認

・15分足は、もう1段さげてもおかしくない波だった。

ライン

・目立った強いラインはなし

ローソク足

・Wボトムからの包み陽線。

損切設定

・直近安値に設定。

利確

・損切に。

その後の動き

その後のチャートの動きは、

15分足

レンジ内に戻ってきましたね。

オーダブック的には、厚めの買い注文が入り、反発してきたと考えていいのかな。

編集後記

短期足の最後の波が大きく下落しているパターンはやはり負けることが多いように感じます。

最近は、このパターンでの負けが多いので、しっかり波が小さくなるのを待ちたいと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます!