AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【FXトレード記録】ドル円日足のラインを背にボリンジャーバンドを使ってトレード(5月9日)

5月9日のドル円のトレード記録です。

日足のラインを背に今回も買いでトレード。

損切りのルールを破ってしまいました。

トレード結果

・通貨ペア:ドル円

・獲得pips:-8.4pips

FXお役立ち情報!

私も以前に参加した「The Secret FX」の実践トレード動画です。

自分のメインロジックのローソク足はこの教材から学びました。

動画では実際のチャートもでていますね。鋭い方は動画見るだけで手法に気づくかも。

紹介記事はこちら→The Secret FXの評判と感想。ローソク足を使ったシンプルな手法。

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

5月8日と同様下落トレンド継続中。

日足のラインに到達し、ヒゲも含めると安値を更新。日足のラインなので、一旦の反発もあると考えていました。もちろん、4時間足で波が続いていることを確認しています。(環境認識論セミナーの3の法則を活用

1時間足

110.00円のラインを割るも、日足のラインに到達。

1時間足の昨日同様、波が長く続いていることを確認。

波の認識はこちら

下げ方も徐々に小さくなっていることが分かると思います。

もしこれが1波目であれば例え日足のラインとしても見送る判断をします。(自分のルール)

・波が続いている

 

・波が小さくなりつつある

 

・日足のライン

今回はこのような状況から、買いで狙えると判断。

ただ、日足の安値を明確に更新してくると下落の勢いがでてくるので、損切を小さくすることが重要と考えていました。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

今回はボリバンルールでエントリーしました。

長期足の環境から「買い」を考えていました。15分足でも下落の流れになっていることを確認。

波が続いていることを確認。日足のラインが下にあることを確認。

この状況で下ヒゲのローソク足でボリバンにタッチ。ここで買いエントリーしました。

理想は下ヒゲのある陽線であればよりいいです。損切は109.571に設定。

15分足

エントリー後は下落し、含み損状態。

ただ、損切りラインには到達せず戻ってくる展開に。

日足のラインを実体でブレイクするも、日足で下ヒゲになるパターンはよくあるので様子見。

 

ここで悪魔のささやきが・・。

 

ラインを割ってきた。(日足の下ヒゲパターンは理解している)

損切りになるかもしれない・・。

少し戻ってきた今の段階なら、損失は小さい。

 

ポッチ・・・・・・。

 

その後は上昇し、利確ポイントに到達しています。

ボリバンルールの時は早めの利確を心掛けています。

損切りしない、損切りレートを広くすることは絶対にしないのですが、今回は戻ってきているにも関わらず、切ってしまいした。

エントリー後は、損切りは動かさず(建値設定は除く)、しっかり待つのも大事ですね。

反省しています。

まとめ

環境認識

・4時間足、1時間足で波が続いている。

・15分足でも波が続いていることを確認。(環境認識論セミナーの3の法則を活用

ライン

・日足のラインを確認。

ローソク足

・ボリバンタッチを確認。(今回は下ヒゲありの陰線)

損切設定

・直近安値に設定。今回は、感情的な損切りをしてしまった。

利確

・第一利確目標で利確予定。(保有していれば、到達していた)