AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

月間トレード収支報告!(2020年1月)

1月のトレードお疲れさまでした。

今月のトレード結果を報告させていただきます。

負けトレードを振り返るとあることがわかってきました。

今月のトレード

今月は13回のトレードとなりました。

初めて全部のトレード記録を書けました(笑)

最後はまとめて書きましたが、書いていると気づけることも多くあったように感じます。

今月のトレード収支

獲得pipsは-17.2pipsとなりました。

負けトレードはあとで振り返るとして、赤色で囲んで部分が気になるポイント。

・1月はロットを理由なく下げない

・分割決済用に2ポジション持ってエントリーする。

これらを実践していたのですが、守れていないのが4回。(結果的には損失が小さくなったのですが、長い目でみると取れるときに取ることも大事なので、しっかり守っていきたい。

自分の目標は月に200pips以上獲得することなので、2月も200pipsを目標に取り組んでいきたいと思います。

トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

1月を振り返る

ルールどおりにエントリーして損切になるのは問題ありません。

問題なのは、ルールどおりにエントリーできなかったトレード。

昔のように、根拠もなく

・飛び乗りトレード

・指標の博打トレード

・値ごろ感

・負けを取り戻すだけの感情トレード

・ポジポジ病

 

・・・など

こういうトレードはやらなくなった(散々負けて気づいた)のですが、

1月は環境認識はできていても、最後のエントリーパターンができていない(微妙に違う)のに、エントリーしていたケースがありました。

 

仮にですが、

・ルールを合致していないトレードを避けることができた

・ロットを一定でトレード(最大損失額の範囲内で)

・利確を指値までしっかり待つ(2回ほど少し早めに決済したため)

この場合、1月の収支はどうなっていたのか・・計算してみました。

ルールどおりにやって損切になったトレードはそのまま損失で。

マイナスどころか、大きくプラスの結果に。

ルールを破ったトレードはしっかり負けているという事実。

ルールを守るのは当たり前ですが、守っていればしっかり利益を残せていたことが数字でわかったのは大きかったです。

やるべきことは・・はっきりしていますね。

編集後記

2月は新たなことに挑戦中。

しっかり自分で考え、行動し、結果を残していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます!