AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

そのトレード説明できますか?理由なく撤退してしまったトレード(1月23日)

1月23日のポンドドルのトレード記録です。

ボリバンルールでエントリーするも建値撤退に。

トレード結果

・通貨ペア:ポンドドル

・獲得pips:0.3pips(←あれ?ポジションが1つ・・・)

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

ツールの秘密がついに明らかに・・。

 

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

下落の流れが崩れ、ノントンド状態になっていることがわかります。

波の認識はこちら↓↓

4時間足

黄色の波を想定していましたが、直近の高値が近いことが気になるポイントでした。

1時間足

1時間足は、V字回復から押し目を作り高値を更新。

4時間足のラインはあるものの、1時間足の上昇が強かったため、どこで押し目を作るかはわかりづらい状況。

黄色のラインでの反発と決めつけず、短期足の動きをしっかり待つことに。

エントリー判断(15分足)

15分足

1.31000のラウンドナンバーもありましたね。

15分足の波だけをみると、売るタイミングをまつ相場だったのですが、15分足以外は買いのサインをだしていたので採用。

下ヒゲのある陰線のボリバンタッチで買いエントリー。

利確について

利確については、今年のルールである分割決済になります。

決済ポイントは2か所。

・第一利確目標(直近の高値)

 

・反転のローソク足がでるまで保有する

この2点になります。

そして、指値に設定したら、あとはチャートは見ずに、放置の作戦です。

↑ボリバンルールのワンタッチでエントリーした場合は、2ポジションとも第一利確目標or早めの利確をすることがルールになっています。(反発狙いのエントリーのため)

15分足

10pips以上の含み益がでるも戻してきたときに建値撤退。

なぜ撤退したのか・・・思い出せないです。根拠のない撤退はだめですね。

相関関係の判断(馬CSツールより)

相関関係について、FXで馬さんのツールである馬CSツールを利用しました。

この時の状況はこちら

15分足

通貨の強弱では、ポンドは下げ、ドルは少し上げ?の様子。

円が強い相場でしたね。

オーダブックの状況

トレード時のオーダブックの状況はこちら↓↓

厚めの売り注文がすぐ近くにありました。

これは買いの損切りなのだと考えられます。

上には、厚めの売り注文があり、さらにすぐ上に厚めの買い注文がある状況。

オーダーブックはいろんな姿をみせてくれます。

これも初めてだったので、日々勉強です。

まとめ

環境認識

・4時間足はノントレンド。1時間足は、上昇トレンド継続中。

ライン

・1.31000のラウンドナンバーあり。

ローソク足

・ボリバンルールでエントリー。下ヒゲ陰線

損切設定

・直近安値に設定。

利確

・自己判断で建値撤退。(見返しても思い出せない)

その後の動き

その後のチャートの動きは、

15分足

一旦、安値を割るも高値をトライする動きとなっています。

編集後記

振り返って説明できないトレードはだめだなと。

なぜそこでエントリーしたのか。

なぜそこで利確(損切)したのか。

ルールどおりなら、簡単に説明できるはず。

 

できないのであれば、ルールを破っていたに違いない!

そんなトレードでしたね。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます!