AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【FXトレード記録】長期足は下落トレンドの中、買いでのエントリー。ドル円(5月8日)

5月8日のドル円のトレード記録です。

大きな時間足では下落している場面で買いでトレードしました。

トレード結果

・通貨ペア:ドル円

・獲得pips:8.3pips

FXお役立ち情報!

私も以前に参加した「The Secret FX」の実践トレード動画です。

自分のメインロジックのローソク足はこの教材から学びました。

動画では実際のチャートもでていますね。鋭い方は動画見るだけで手法に気づくかも。

紹介記事はこちら→The Secret FXの評判と感想。ローソク足を使ったシンプルな手法。

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足はきれいな下落トレンド継続中。

波が長く続いていることから一旦の戻しが入るのではと考えました。(環境認識論セミナーの3の法則を活用)また、110.00のラウンドナンバー、日足のラインに近づいてることも確認。

しかし、ひげも含めると日足のラインまで30pipsあるので、このラインまで下げてくる可能性も頭には入れていました。

波の認識はこちら

1時間足

1時間足の下落トレンド継続中でした。

最後の波が今までより小さくなってきていることを確認。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足を見ても下落の流れであることが分かります。

最後の下落の波に対して戻しも大きくなっていました。

波の認識としては・・

長期足からそろそろ買えるかな・・と見ていたので、15分足でWボトムを待っていました。

黄色のラインのようにWボトム形成なるか・・の場面。(この後の動きをみないと完全にWボトムと判断はできません)

最安値まで下げることなく、赤線で反発する可能性もあるとみていました。

ローソク足の形を待たずにエントリーしたのは反省ポイント。

本来なら、陰線-十字線-陽線のローソク足確定で買いエントリーでしたね。

15分足

その後は、一度大きな上昇があり、20pipsの含み益になった段階で逆指値を建値に設定。

黄色のラインで上ヒゲで反発しているのが気になったものの少し様子見。

15分足

席を外さなければならなかったこともあり、再度、小さな上ヒゲが出始め段階で利確。

本来は、反転のローソク足がでるまで保有するのが自分のルールです。

まとめ

環境認識

・4時間、1時間足は下落トレンド。波の回数からそろそろ一旦の戻しが入るのではないかと判断。買えるタイミングを待っていました(環境認識論セミナーの3の法則を活用

ライン

・安値に日足のラインがあることを確認。

・110.00のラウンドナンバーがあることを確認。

ローソク足

・エントリーのタイミングは少し早かった。(陰線-十字線-陽線のローソク足が確定するまで待つべきだった)

損切設定

・直近安値に設定。(含み益がでた段階で建値に設定済)

利確

・高値ライン反発+上ヒゲがでていたので一旦利確しました。