AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

ボリバンを使ってポンドドルの反発をとらえたトレード。9.8pipsの獲得(1月21日)

1月21日のポンドドルのトレード記録です。

4時間足のライン反発をとらえたトレードです。

ボリバンタッチでエントリーだったので、早めの利確がうまくいきました。

トレード結果

・通貨ペア:ポンドドル

・獲得pips:9.8pips(←あれ?ポジションが1つ・・・)

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!なつかしい。

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足は下落の波が続いたあと、ノントレンド状態になっていました。

2回反応しているライン、1.3100のラウンドナンバーがあることも確認していました。(ラウンドナンバーはまだタッチしていない状況)

波の認識はこちら↓↓

4時間足

下落トレンドが続いてからのレンジ状態のため、ここから上昇の可能性が高いかなと感じつつ、いったんの反発が狙える可能性も考えていました。

1時間足

1時間足は4時間足のレンジ内で、上昇トレンドを作り、高値に到達。

その後、波を作らずに下落→上昇の流れで再度高値ラインに到達しました。

ノントレンド状態で、強めのライン(4時間足で何度か反応している)があったので、15分足しだいで売りができると考えていました。

エントリー判断(15分足)

15分足

15分足は角度のある上昇トレンド継続中の相場となっていました。

波が続いていることから、一旦の反発狙いの売りができると判断しました。

波が続いていることを確認し、ボリバンにタッチし、上ヒゲのある十字線がでていたので、売りでエントリー。

(今回は、ボリバンルールでエントリーしています)

直近の大きな陽線は気になりましたが・・・。

利確について

利確については、今年のルールである分割決済になります。

決済ポイントは2か所。

・第一利確目標(直近の高値)

 

・反転のローソク足がでるまで保有する

この2点になります。

そして、指値に設定したら、あとはチャートは見ずに、放置の作戦です。

↑ボリバンルールのワンタッチでエントリーした場合は、2ポジションとも第一利確目標or早めの利確をすることがルールになっています。(反発狙いのエントリーのため)

15分足

いい感じに下げてきました。

15分足

さすがはポンドドル。この下げだけで10pips(確定は9.8pips)下げてきたので利確しました。

ポンドドルは下げた後、ドカーンと上昇・・ということもあるので、早めに決済しました。

2ポジション持つのがルールですが、1ポジションにしてしまったのは反省。

↑↑直近の上昇の角度が急だったので、不安を感じていたのかもしれません。

相関関係の判断(馬CSツールより)

相関関係について、FXで馬さんのツールである馬CSツールを利用しました。

この時の状況はこちら

15分足

明らかにポンドドルが強く、円、ドルが弱いことがわかります。

この日は、ポンドドル、ポンド円ともに強かったことがわかりますね。

オーダブックの状況

トレード時のオーダブックの状況はこちら↓↓

すぐ上に厚めの売り注文が多いことがわかります。

20分後のオーダーブックの様子がこちら↓↓

厚めの売り注文の表示が消えていました。

買いの逆指値が増えたことで、売りの割合が減ったのかな・・・。

新たな売りポジションが増えたことで、このポジションを持った人の損切り(逆指値)が設定されたのかな・・。

まとめ

環境認識

・4時間足、1時間足ともにノントレンド状態。

・15分足は、上昇トレンド継続中。波の認識から反発の売りが狙えると考えた。

ライン

・4時間足の高値ライン。

ローソク足

・ボリバンルールでエントリー。上ヒゲの十字線の存在も確認

損切設定

・直近高値に設定。

利確

・ボリバンルールで早めの決済。(10pips以上確保)

その後の動き

その後のチャートの動きは、

15分足

第一利確目標までは下げてきましたね。

この後、高値を更新し、ポンドドルは上昇しています。

編集後記

今回は、一旦の反発をボリンジャーバンドを使ってトレードしました。

反発狙いなので、利確のタイミングが大事になってくるのですが、今回はうまくいきました。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます!