AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【FXトレード記録】ユーロドルで最大48.6pipsの獲得!波の始まりをとらえたトレード(8月15日)

8月15日のユーロドルのトレード記録です。

長期足ではノントレンド状態だったものの、売りに優位性があると判断し、短期足の動きをみてトレードしました。

分割決済に関しては、しっかり検証したいと思います。

トレード結果

・通貨ペア:ユーロドル

・獲得pips:13.6pips,36.2pips,48.6pips(分割決済のため)

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足は、下落トレンドからノントレンド状態に。

ノントレンド状態のまま、長くレンジが続いていました。

このレンジの安値を割ったことで、下落トレンドは発生していないものの、下方向に優位性があると考えました。

左側をみても、壁のないゾーンのため、下げ始めると動きやすいと判断しました。

波の認識はこちら↓↓

4時間足

黄色の囲みがノントレンド状態のレンジ状況。

このレンジ帯を下に抜けたことが分かります。そして、青い囲みが壁のないゾーンです。

1時間足

1時間足をみてもレンジ状態だったことが分かります。

レンジを下に抜けただけなので、ノントレンド状態です。しかし、長く続いたレンジを下抜けたことで、下方向へ意識を持っていました。

1時間足

赤い波のように安値を更新することで、新たな下落トレンドの発生になります。

この流れの可能性を考えて、15分足をみることにしました。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足では、短期的に上昇トレンドの波になっていることが分かります。

4時間、1時間足の戻しの部分が、15分足で上昇の流れになっています。

波の認識はこちら↓↓

15分足

黄色の波のように上昇の流れ(トレンドとはいえない)になっています。

15分足

今回、売りでエントリーしようとした理由(15分足)は、

・長期足レンジ下限のラインの反発

 

・15分足で上昇の流れになっている

 

・ライン際で上ヒゲが続き、上げづらい様子をみせていた(赤囲み)

これらの理由から売りでエントリーしました。

ただし、黄色で囲んだように、下ヒゲのゾーンも気にはなっていました。

気になる点もあったため、今回はロットを落としてトレードしています。

普段は、波の終わりをとらえるトレードが多いのですが、今回は波の始まりをとらえるトレードとなっています。また、15分足の上昇の流れも、もう1波あるのが自分のルールですが、ライン際でのローソク足判断を今回は採用しました。

この点もロットを落とした理由です。

損切りは直近高値で約10pipsほど。

15分足

エントリー後は順調に下落。含み益がでてきたので、建値に設定。

15分足

第一利確目標にほぼ達したポイントで0.2ロットを利確。13.6pipsの獲得に。

15分足

再度、大きく下落してきました。

分割決済のルールとしては、反転のサインがでるまで保有する

と決めているのですが、1時間足で引けるラインが気になり、もう0.2ロットを利確。36.2pipsの獲得に。

エントリー段階でラインは引いていたのですが、本来なら決済すべきポイントではなかったですね。

想定より大きく下落してくれたことで、利益を確保したいと考えてしまったかもしれません。

ここは、しっかり反省したいと思います。

15分足

その後も下落が続き、1.11000のラウンドナンバーで0.1ロットを利確。48.6pipsの獲得に。

利益を確保できているので、このまま保有し、持ち越しても問題ない状況でした。

しかし、1.1100のラウンドナンバーがあったこと、基本的には持ち越さないルールなので今回は利確し、すべてのポジションを決済しました。

・すでに利益を確保できている

 

・逆指値も建値に設定できている

これらを考えると何も気にせず、保有を続けていい環境でしたね。

まだまだ、訓練が足りなかったようです。

まとめ

環境認識

・新たな波の始まりを想定。

・15分足では短期的な上昇の流れが崩れる場面を待っていた。

ライン

・4時間足のレンジ下限のライン

ローソク足

・今回は、ローソク足のパターンではなく、上ヒゲが続いている状況をみてエントリー。

損切設定

・直近高値に設定(10pipsほど)

利確

・分割決済で利確。(3分割)

ユーロドルのその後の動き

1時間足

その後も安値を更新し、戻りが大きくなってきています。

最大で80pips動いた相場となりました。

分割決済をシュミレーション

今月のテーマである分割決済

2分割にするのがルールなのですが、今回は3分割にしてしまいました。

ロットも0.5ロットに落としてのエントリーだったので、反省する点がありました。

今回のトレードを例に、いろいろシュミレーションしてみました。

獲得pips:13.6pips,36.2pips,48.6pips(分割決済のため)

※シュミレーションの計算は、1pips=100円の利益(0.1ロット)で算出しています。

今回のトレードの場合(3分割、0.5ロット)

結果はこちら↓

全ての利益を合計すると、15738円になります。

損切幅が約10pipsなので、仮に0.5ロットで損切になった場合、5000円の損失。

損益比を考えても問題なし。理由なく、3分割にしたことは反省。

2.0ロット、2分割の場合(利益確保ケース)

今回の3分割は予定外だったため、通常ルールの2分割でシュミレーションしたいと思います。

・シュミレーションの計算は、1pips=100円の利益(0.1ロット)で算出

 

13.6pips,48.6pipsの2つで分割決済したと仮定

 

・今回のトレードでは、損切が10pips程だったので、仮に損切になった場合は20000円の損失

まずは、2.0ロット、2分割の場合の収支です。

1.0ロットずつ分割決済した場合は、62200円の獲得。

2.0ロット、2分割の場合(ポジション②が建値決済)

ポジション①が利益確保になるも、ポジション②が建値決済になった場合はこちら。

分割決済をしなかったら0円で終わるところを、13600円の利益は確保できます。

少しでも、利益が残っている状況は精神的にも安心できるように感じます。

先ほどのケースに比べたら、利益はかなり減りますが、最低限の利益を確保していることで、ポジション②を保有することも気持ち的に楽になったような気がします。

2.0ロット、分割なし(利益確保ケース)

分割決済をせずに、最大限伸ばしたケースがこちら↓

当たり前ですが、このケースが1番利益は大きくなります。

まとめ

今回のトレードを例に分割決済のシュミレーションをしました。

実際に第一利確目標で利益を確保したことで、気持ちは楽になり、保有はしやすく感じました。

どうしようかな・・

という思いも少なかったように感じます。

訓練しだいでは、保有できるのでしょうが、自分の性格にあった形にすることもありだと感じました。(ロットを小さくすることも解決策の1つかもしれませんが)

前回の記事でも書きましたが、

FXの分割決済の方法。決済の仕方で損益に差がでる!

結局は、自身の性格、考え方しだいだなと感じました。

 

まだまだ、実験段階ですが、8月はこのまま取り組んでいこうと思います。