エントリーまでに見ているポイントを紹介

【FXトレード記録】NZD/USDで8.3pipsの獲得!時間がかかってしまったトレード(9月9日)

9月9日のNZD/USDのトレード記録です。

珍しくNZD/USDでトレードしました。ボラが小さく、時間がかかってしまいました。

トレード結果

・通貨ペア:NZD/USD

・獲得pips:6.3pips、8.3pips

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!なつかしい。

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足は、長く下落トレンドが続いていた相場でした。

波を細かくみると、上昇トレンドが発生していることを確認していました。

1時間足

1時間足は上昇トレンド継続中の相場になっていました。

波が長く続いていることから、売れる環境であると判断。売れるタイミングを待っていました。ただ、4時間足レベルで明確なラインがなかったことは、不安材料の1つでした。

波の認識はこちら↓↓

1時間足

Wトップとなり、下落してくるイメージです。

実際のエントリーは15分足で判断しました。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足も上昇トレンド継続中からのレンジをはさみ、再度高値を目指す展開に。

きれいなWトップではないものの、陽線-陰線のローソク足で売りエントリー。

欲を言えば、もう少し主張のある陰線がよかった。

1時間足の高値は更新していないものの、15分足の直近は上昇に角度があるのが気になりました。かなり、損切は小さく設定できるポイントだったため、エントリーしました。

15分足

0.64135あたりを第一利確目標に決めていましたが、下げるまでに時間がかかってしまい、半分を利確。

その後は、逆指値を建値に設定。

そのまま放置の予定でしたが、時間も遅くなってきたため、利確。

6.3pips、8.3pipsの分割決済となりました。

ボラも小さかった影響で、なかなか利確までに時間がかかってしまいました。

まとめ

環境認識

・1時間足の上昇の流れが長く続いている状況から、売りを狙っていた。

ライン

・強いラインはなかったが、1時間足の高値のラインを採用。

ローソク足

・陽線-陰線のローソクを確認。

損切設定

・直近高値の上に設定

利確

・第一利確目標を狙うも、届かずに利確。(直近の安値を採用)

その後の動き

1時間足

高値も更新せず、安値も更新できず。レンジですね!

高値が切り下がり、安値を試す動きが続いているので、下げに優位性があるように見えます。