AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【FXトレード記録】ドル円で建値撤退に。損切しなければ大変なことに・・(11月4日)

11月4日のドル円のトレード記録です。

長期足の上昇の流れが終わりつつあると判断したトレードです。

建値で撤退できましたが、大きく上昇してきましたね。

トレード結果

・通貨ペア:ドル円

・獲得pips:1.9pips(建値撤退)

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

ゲイスキャの「新発想1分足スキャルの正体」を本人が暴露!

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足は上昇トレンドだったのが、109円で抑えられ、大きく下落し、ノントレンド状態に。

ノントレンド状態は、新たなトレンドの始まりになる場所になります。

今回は、上昇の波が続いていたことから、売りが優勢になるのでは・・とみていました。

この記事を書きながら気づいたのですが、

109円からの売りと108円からの買いがまさにぶつかる場面でしたね。

この場面であれば、様子見して決着がつくのを待つべきでした。

1時間足

1時間足は、下落の流れから108円で反発上昇。

上昇トレンドではないものの、上昇の形を作っていることがわかります。

自分の波の認識的には、もう1波の上昇があってもいい場面でした。

波の見方についてはこちらで学びました↓↓

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足は、上昇トレンドが継続しています。

波が続いていることから、いったんの売りが狙える相場とみていました。

この場面でボリバンにタッチしたところでエントリー。(実際には少し遅く入っています)

15分足

数pipsの含み益はあったものの、すぐに上昇。

下げ切らなかった動きを見て裁量で撤退しました。(就寝時刻が迫っていたのもある)

その後は、ご存じのとおり109円を超える動きとなっています。

もし損切をせず保有していたら・・・恐ろしいことになっていましたね。

まとめ

環境認識

・4時間足は上昇トレンドが終わり、ノントレンド状態に。(←まだ売りを狙うには早すぎた)

・15分足で上昇トレンドとなっており、15分足の波の終わりを考えました。

ライン

・振り返ると強いラインではなかったですね・・。

ローソク足

・ボリバンタッチで売りエントリー。

損切設定

・直近高値に設定。(15分足)

利確

・108円のラインまでは伸ばしたいと考えていた。

その後の動き

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

 

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。