AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【FXトレード記録】自己判断で撤退。ラウンドナンバーと上ヒゲで高値を越えられず(7月3日)

7月3日のユーロドルのトレード記録です。

エントリー後に怪しい動きをみせたので、自己判断で撤退しました。

トレード結果

・通貨ペア:ユーロドル

・獲得pips:3.2pips

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!

もってぃーさんはtwitterもしています↓↓

環境認識(4時間足、1時間足)

日足

日足は上昇トレンドが続いている状況。

黄色の日足のラインから戻されるも、押し目を探す展開になるのでは?と見ていました。

4時間足

4時間足は、1.12758の赤ラインを上昇の起点のラインと見ていたので、上昇トレンド継続中と判断していました。(少し細かくみていました。)

ネックラインを割って下落している場面ではありましたが、この赤ラインからの反発の可能性もあるとみていました。

1時間足

1時間足は下落トレンド継続中の場面になっていました。

2回安値を試すも下げられず・・の場面だったため、買いを考えました。

ただ、振り返ってみると、波の認識ではもう1波あってもおかしくない状況だったことは反省。

1時間足

4時間足では、小さく見えていた上昇の起点のラインですが、1時間足だとしっかり分かります。(赤色で囲んだ部分)

お気づきかもしれませんが、1.13000のラウンドナンバーがあります。

すでに割っているので、反発買いと、割っていることを確認した売りとの攻防が起きそうなのは一目瞭然ですね。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足ではレンジ状態になっていました。

安値を更新したあと、1.1300まで戻す動きを確認。

再度、安値をためし、反発のローソク足が確認できれば「買い」でエントリーできると待っていました。

15分足

包み陽線が確認できたの買いでエントリー。

ただ、陽線が大きくなりすぎたため、第一利確目標が近すぎるので、ブレイク狙いになってしまうのが不安材料。

自分としては、もう少し小さめの陽線で、第一利確目標まで幅があり、損切を小さくできる場面が好きです。

本来であれば、エントリーを見送ってもいい場面でした。

日足の押し目になる可能性もあったので、ロットを落とすことで対応しました。

15分足

その後、高値をブレイクする動きになるも、上ヒゲで戻る動きに。

しかも、1.13000のラウンドナンバーに抑えられる形に。

売り目線であれば、このラインは超えられないんだな・・と考える人もでてきそうな展開。

1時間足で確認すると・・

1時間足

ローソク足3本とも上ヒゲになる動きだったため、高値を更新するのは難しいと判断しました。(このまま更新することもあります)

一旦、微益ですが、撤退することを決め、3.2pipsの獲得となりました。

まとめ

環境認識

・日足が上昇トレンド継続中。押し目を探る展開とみていました。

ライン

・4時間足の上昇の起点のラインを確認。

ローソク足

・包み陽線で買いエントリー。ただし、陽線が大きく、第一利確目標まで近かったのでロットを落として対応。

損切設定

・直近安値に設定。陽線が大きかったので、損切幅も広めになっています。

利確

・今回は、ラウンドナンバー+上ヒゲの動きがあったため、自己判断で決済しました。

その後の動き

一夜あけてからの動きです。

15分足

やはり、上ひげから下げていますね。

ただ、安値を更新する動きにはなりませんでした。

売り買いの攻防はまだまだ続きそうですね。