エントリーまでに見ているポイントを紹介

FXのラウンドナンバーを一目で把握する方法

FXをしている方なら必ず知っているラウンドナンバー。

大事なことは理解しているけど、ついつい確認を忘れてしまうことも。

今回は、ラウンドナンバーを一目で把握する方法を紹介したいと思います。

FXのラウンドナンバーとは

ラウンドナンバーはキリ番とも呼ばれ、

ドル円なら110.00や111.00のように為替レートのきりの良い数字のことです。

きりのいい数字は多くの市場参加者が意識することから、反応することが多くあります。

ラウンドナンバーだけでトレードすることは難しいです。

自分のルールの根拠にラウンドナンバーの根拠が追加される場面などは、より優位性の高いトレードができるように感じます。

ラウンドナンバーを一目で把握する方法

ラウンドナンバーの重要性は理解していても見逃してしまうことがあると思います。後から気づくことも多くありますので。

今回は、ラウンドナンバーを一目で把握することができるインジケーターを紹介。

Grid Builder

Grid Builderはラウンドナンバーを一目で把握することができるインジケーターです。

設定で変更することはできますが、110.00や109.500などに自動でラインを引いてくれます。

自分で引く手間が省けるので楽ですし、見逃しもなくなります。

実際のチャートはこちら↓↓

ドル円日足

一目でラウンドナンバーが分かると思います。

時間足を4時間足に変更してみましょう

ドル円4時間足

時間足を変えても同じように反映されます。

時間足毎に設定したりする必要もないので楽ですね。

ダウンロードは「Grid Builder」で検索するとでてくるので、探してみてください。

Grid Builderの設定方法

MT4にダウンロードしたあとの設定方法について解説したいと思います。

間隔(pips)は好きに設定することができます。

Grid Builderの設定画面

「パラメーターの入力」を選ぶ

「値」の数値を「1000」に設定。(1000の数値は、110.00のように.00にラインが引かれる)

Grid Spaceの設定

 

10pips幅に設定→→100(例:110.10)

 

50pips幅に設定→→500(例:110.50)

 

100pips幅に設定→1000(例:111.00)

基本的には100pips幅の設定で問題ないと思います。

0.500も反応することがあるので、自分は50pips幅で設定していますが、ラインが増える欠点もあります。自分の見やすいようにすることをオススメします。

ユーロドル、ポンドドルなど他の通貨も設定は同じです。

ユーロドル日足

実際のチャートで解説

では、本当にラウンドナンバーが意識されれいるのか実際のチャートで見ていきましょう。

ラウンドナンバーは意識されることが多い

直近(2019年6月)のドル円の日足のチャートをご覧ください。

ドル円日足

パッと見ただけで意識されていることが分かります。

このように見ても多く意識されていることが分かります。

それなら、ラウンドナンバーで逆張りでトレードすればいいのでは?

という思いがでてくると思いますが、なかなか難しいと思います。

なぜなら、ラウンドナンバーでピッタリ反応するわけではないからです。

ラウンドナンバーで反応はしているものの、上や下にはみ出て、(日足であれば)ヒゲで戻すことも多くあるので注意が必要です。

短期足でブレイクもダマシになることも多い

ラウンドナンバーで反応し、日足のヒゲで終わる場面を1時間足で見てみましょう。

ドル円日足

日足で下落トレンド中のドル円日足の画像です。

本来なら波の終わりの場面で解説したかったのですが、直近(2019年6月)のほうが参考になると思い、こちらで解説させていただきます。

108.00のヒゲの部分を1時間足で見てみると

ドル円1時間足

1時間足で見ると、108.00を実体ベースで割っていることが分かります。

ドル円1時間足

赤色で囲んだ部分が日足の下ヒゲになっています。

この場面であれば、

ラウンドナンバーをブレイクしてきたから売りだ!

と安易に考えると戻しで損切になる場面でしたね。(もちろん、下落する場合もあります)

このチャートであれば、108.00を3回試すもブレイクできていないことが分かります。

こういうケースもあることを知っていただけるだけでもうれしいです。


迷晴れさんのラウンドナンバーの動画

いつも参考にしている迷晴れさんの動画。

週刊チャートナビの中で、ラウンドナンバーについて解説されていたので紹介します。

「ラウンドナンバーは世界が意識共有するサイコロジカル・ライン」

トレーダーの心理で考えるキリ番付近の動き

専業トレーダーよっしーさんのこちらの記事を紹介します。

キリ番も大事だが、トレーダー心理を考えることが重要であることを解説してくれています。

専業トレーダーの自由帳(改)より

 

→トレーダーの心理で考えるキリ番付近の動き!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

自分のトレードでは、ラウンドナンバーを意識しています。

もちろん、ルールの根拠にプラスアルファで採用しています。

Grid Builderを使うことで作業の短縮ができ、見逃すこともなくなりました。

皆様のトレードのお役に立てたら嬉しいです。