AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【FXトレード記録】自分の好きなパターンのエントリー。37.2pipsの獲得。(6月24日)

6月24日のポンドドルのトレード記録です。

日足のラインを使って売りでトレードしました。

トレード結果

・通貨ペア:ポンドドル

・獲得pips:37.2pips

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!

環境認識(4時間足、1時間足)

日足

日足は下落トレンドが継続し、下落の起点のラインまで戻している状況。

波の認識では、波の終わりが近づいていると判断できる状況でした。

ただ、日足の下落の起点のラインは強いと判断し、短期足でトレードできるのでは?と考えていました。

4時間足

4時間足では安値を更新するも、上昇の波を作りながらラインに到達。

1時間足

1時間足は上昇トレンド継続中と見ていました。

ただ、小さく見ると波が続いてる状況のため、売りの可能性も考えました。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足は大きな上昇の後、わずかながらも高値を更新。

波が長く続いている状況で、ラインにタッチ。

タッチ後は大きく戻し、再度高値を目指す動きに。

高値を切り下げつつ、陽線-陰線のローソク足で売りエントリー。

損切り幅が広かったので、ロットを落としてトレードしました。

今回の波の認識はこちら↓↓

15分足

戻しが大きく、高値を切り下げているときはは自分が好きなパターンです。

今回はポンドドルで損切り幅は広かったのですが、基本的には損切り幅を小さくできることが多いですね。

15分足

エントリー後は下落し、含み益がでてきたところで建値に設定。

15分足

直近、安値を更新してきました。

15分足

このまま保有して就寝することも可能だったのですが、1.2700のラウンドナンバーも近づいてきたことが気になりつつ。

一旦の反発狙いでもあったので、利確することを決意。

15分足

決済し、37.2pipsの獲得となりました。

やはり、ポンドドルは損切り幅も大きくなりますが、動いてくれるので大きく利益をとれることも多いですね。

まとめ

環境認識

・日足、4時間足では戻しの勢いが強いとみるも、15分足では上昇の流れが長く続いている状況と判断。

ライン

・日足の下落の起点のラインに到達の場面。

ローソク足

・陽線-陰線のローソク足で売りエントリー。

損切設定

・直近高値に設定。損切幅が大きかったのでロットを落として対応しました。

利確

・長期足では戻しの強い場面だったため、欲張らずに利確しました。