AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【FXトレード記録】ポンドドルのライン反発をとらえたトレード。19.2pipsの獲得!(6月12日)

6月12日のポンドドルのトレード記録です。

珍しくポンドドルでのトレードです。

保有していれば・・利益は大きくなっていたトレードでしたが、就寝時に保有することを避けるために決済しました。

トレード結果

・通貨ペア:ポンドドル

・獲得pips:19.2pips

FXお役立ち情報!

クロスさんからまたまた新情報が!

「FX業界初の”売り”だけで稼ぐ手法」の講座が無料で公開されました。

自分も早速、見てみたいと思います。

他の手法を学んでいる方も無料講座だけでも勉強になると思います。

環境認識(4時間足、1時間足)

日足

日足は下落トレンド継続中になっており、波の認識から下げの余地があるとみていました。

基本的には下目線。ただ、安値からの反発は気になるところ。

4時間足

4時間足は下落からのレンジ状態になっていました。

Wトップで高値をトライし、戻されてからの再度の高値トライの場面。

黄色のラインを下に割ってからの高値トライであることを確認。

高値ラインで反発してくるなら売りも狙えるとみていました。

もちろん、上抜けすると上昇に勢いがでてくる可能性もしっかり認識。

1時間足

1時間足は高値のラインを目指す動きで上昇の波に。

もう一段、上げてくる可能性も考えていました。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足は上昇トレンド継続中となっていました。

波が続いていることから、一旦の戻しがあってもいい状況と判断。

売りのタイミングを待っていました。

波の認識はこちら↓↓

1度高値を付けている段階でチャートを開きました。

この流れからWトップを付けに来るようなら売りでエントリーできるとみていました。

昨日の相場分析動画でも伝えています。

ただ、21時半の指標の動きでWトップを試す動きに。

本来なら、ローソク足確定を待つ場面でしたが、

・上ヒゲになる動きを確認(確定ではない)

・ドル円の下げも反発してきた

・損切を10pips以内に設定できる

これらの判断から売りでエントリーしました。

もちろん、一瞬で損切になる可能性もありましたが・・。

15分足

含み益がでてきた場面で建値に設定。

15分足

直近の安値を越えられない場面で利確。19.2pipsの獲得。

本来ならまだ保有する場面だったのですが、遅い時間のため決済しました。

1夜あけてからの動き↓↓

50pips以上の下落となっています。

まとめ

環境認識

・日足は下落トレンドで売れる環境と判断。

・15分足では上昇の波が続いており、一旦の戻しがある状況と判断。

ライン

・4時間足のレンジ高値のライン。

ローソク足

・上ヒゲのローソク足を確認(今回は確定前に判断)

損切設定

・直近高値に設定。(ラインに引きつけたので10pips以内に設定)

利確

・直近安値で決済。19.2pipsの獲得。(50pips以上の下落になっていますが)