エントリーまでに見ているポイントを紹介

【FXトレード記録】ドル円で4.9pips。長期の流れに逆らった危ないトレード(9月11日)

9月11日のドル円のトレード記録です。

4時間足で上昇トレンドのなかでの売りエントリー。

やはり、大きな流れに逆らうのは注意が必要ですね。

トレード結果

・通貨ペア:ドル円

・獲得pips:4.9pips、0.7pips

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!なつかしい。

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足は、上昇トレンド継続中の相場となっていました。

波の認識から、さらなる上昇の可能性は高いとみていました。

1時間足

1時間足も上昇トレンド継続中となっていました。

波が長く続いていることから、一旦の戻しが入ってもいいのでは?と考えました。

戻しが小さいのが気になりましたが・・・。

波の認識はこちら↓↓

1時間足

黄色のようなミニWボトムになり、戻しが入ってくるのを想定していました。

ただ、強いラインのない状況なので、さらなる上昇もあるとみていまいた。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足も上昇トレンド継続中の相場となっていました。

波が続いていることから、一旦、売れる環境とみていました。

15分足

15分足でミニWトップを作ったあと、再度高値を試す動きに。

高値を切り下げつつ、陽線-陰線-陰線のローソク足を確認して、売りエントリー。

今回は、上昇の流れに戻る可能性もあったので、早めの利確を心掛けました。

15分足

下げてきたところで1つ目の利確。(この日は、早めの利確を心掛けたものの、明確にここでとういのがあいまいでした。反省点)

早めの利確の場合でも、どこを目標にするのか・・

事前に決めておくことが重要ですね。

15分足

上昇の気配がしてきたので、もう1つは建値で撤退。

まとめ

環境認識

・1時間足、15分足で上昇の流れが続いていた。一旦の戻しを狙えると判断。(4時間足では、上昇トレンド継続中であり、

ライン

・強いラインはなかったが、1時間足の高値のラインを採用。

ローソク足

・陽線-陰線-陰線のローソクを確認。

損切設定

・直近高値の上に設定

利確

・早めの利確を心掛けるも、明確に決めていなかったので反省。

その後の動き

15分足

危なかった・・・。

建値撤退したポイントからしっかり上昇。

下げたと見せかけて上昇してくるパターン。買いのタイミングでしたね。