AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

Wボトムの大きさも重要!ミニWボトムでは早すぎる!?

おはようございます。投資家おもちです。

Wボトム(トップ)と言っても見方によって小さく見たり、大きくみたりすることがあると思います。自分のルールでは、ミニWボトムではなく、大き目に見たWボトムを採用しています。

しかし、大きくみる予定だったのに、小さく段階でWボトムと判断してしまうことがあります。

今回は、実際のチャートを見ながらミニWボトム(トップ)と大き目Wボトムについてみていこうと思います。

 

1つ目の画像です。ポンドドルの15分足になります。どこにミニWボトムがあるでしょうか。

下図のようにミニWボトムがあることがわかります。

下ヒゲの大きい陰線+陽線の形になっているのでエントリーサインを満たしています。

ミニWボトム形成後、20pipsほど上昇しているので利益をとることはできます。

ただ、流れが変わるほどではありませんでした。

今回の相場であれば次の図のようにWボトムを待ちたいです。

これくらいの感覚でWボトムを待ちたいですね。

今回はWボトム形成とならず下落していきました。

 

ちなみに、15分足や15分足以下の足であればミニWボトムを認識することができますが、1時間足、4時間足では認識することができません。こちらの図をみてください。

ポンドドル1時間足

1時間足ではWボトムを認識することはできないことが分かります。

ただの陰線、陽線で下落の途中であることが分かります。ということは、1時間足、4時間足での買いは入ってくることが少ないということになります。

1時間、4時間足でも認識できれば、それだけ買い目線に切り替わる人が多くなるので勢いがでる可能性が高まります。多くの参加者が入ってきやすいポイントまで待つことが大事です。

 

大きくみるつもりが、ミニWボトムでみてしまい、負けトレードになることがありました。

多くの参加者が入ってきやすいポイントまで待ちたいと思います。

(状況によってはミニWボトムが有効な場合もあります。統一するのが大事かなと思います。)

 

 

参考になった!という方は、応援クリックお願いします。↓↓


為替・FXランキング