AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

ユーロドル相場振り返り(2018年9月17日~21日)

こんばんは。投資家おもちです。

今日は、ユーロドルでも振り返りを行いました。

こちらもドル円に似たケースになっています。ボリバンルールが使える相場でした。

ユーロドル日足

高値をブレイクするも、赤↓矢印のラインが気になる展開に。

ユーロドル4時間足

4時間足ではレンジからの上へのブレイクという状況。

ユーロドル1時間足

前半は赤↓矢印のポイントで売りが可能な相場。(4時間足でも引けるライン)

後半は黄色↓矢印のポイントをブレイク。上昇の流れに。

ユーロドル15分足

きれいな形ではないが、4時間足のラインを背に売り目線であれば・・

1回目のボリバンタッチで入るのは怖いが、2回目のタッチであればWトップという根拠にもなるので「売り」エントリーは可能。しっかり上ヒゲもあるのも確認。また、1.17000のラウンドナンバーもあるので入りやすいかと。

 

ユーロドル15分足

この状況もボリバンでみてみると・・

・上に日足のラインがある。(ライン)

・15分足の波が白色線のように続いていることを確認。(環境認識)

・ボリバンタッチを確認。

・1.18000のラウンドナンバーがある。

これらの条件がそろうのでボリバンルールでエントリー可能です。「反転のサインがでるまで保有する」のがルールなので、現在も保有状態になっています。

 

今週はドル円、ユーロドルともにボリバンルールが適用できる相場でした。合計すると150pipsは確保できた計算になります。(ユーロドル2回目は含み益)こういうチャンスの時にしっかり取れるように準備をしておきたいです。