AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【相場振り返り】現在のトレンド状況の確認と今週の波の見方を振り返る(2019年8月19日~23日)

今週もトレードお疲れさまでした。

自分が意識している相場の波をメインに、今週の相場を振り返ろうと思います。

(あくまで自分の波の見方であって、参考程度にみてくださいね)

今週は、ユーロドルを振り返りたいと思います。

今週のトレード記録

今週は、イタリア首相、トランプ大統領の発言、FOMCなど盛りだくさんの週となりました。

急な動きもあり、入れたら・・という思いを持った方も多いと思います。

どんな相場であっても、自分のルールどおりにすることが重要だと考えます。

今週は1回のみのトレードです。

ユーロドルでトレードし、27.3pipsの獲得となったトレードです。

ユーロドルの相場振り返り

今週のユーロドルの相場の波がどのように動いていたのか、見ていきたいと思います。

普段は、4時間足、1時間足の波を確認し、15分足でトレードしています。

週の初めには日足のライン、トレンドの把握を行っています。

現在(週末)のトレンド状況

8月25日(日曜日)現在の日足のチャートです。

来週に向けて、今のトレンド、ラインの確認をしたいと思います。

白色の縦線が8月19日になります。

日足

現在の日足は3点ラインを引くことができます。

・日足の安値(赤色ライン)

 

・日足高値(青色ライン)

 

・1.1100のライン+左側で反応しているライン(黄色ライン)

黄色のラインは一旦消してもよさそうに感じますが、ラウンドナンバーでもあるのでどうなるか。

波の流れから、現在のトレンドはノントレンド状態と判断しています。

Wボトムの形にもなっており、今後の動きの判断は難しそうです。様子見となりそうな予感です。

波の見方はこちら↓↓

日足

安値切り上げのWボトムになるなら、上昇の流れか?

下落の起点(黄色横線)のラインに抑えられ、安値を試すのか?

気になるポイントが多くあり、判断が難しい場合は無理にトレードしないことが大切です。

分かりやすい他の通貨ペアを選ぶのがよさそうですね。



今週の動き(4時間足)

今週の4時間足の動きを確認したいと思います。

4時間足

下落トレンドからのレンジ状態が長くつづいていました。

金曜日の大きな上昇でノントレンド状態になっています。

結果論にはなりますが、レンジという判断が早くできていれば、黄色のラインを背に売っていれば、利益確保ができていたのではないでしょうか。

波の認識はこちら↓↓

4時間足

下落の波が長く続いていたことから、週の初めの段階で買うタイミングを待っていました。

懸念材料としては、左側が壁のないゾーンであり、1.10270の赤色ラインまで下げてくる可能性もあるとみていました。

なので、想定としては、

・1.10270の日足安値まで下げてからの買い

 

・4時間足の安値からの反発を確認してからの買い

この2つを意識していたので、黄色ラインからの売りはできませんでした。

レンジでうまく利益を上げた方はおめでとうございます!

今週の動き(1時間足)

今週の1時間足の動きを確認したいと思います。

1時間足

1時間足はきれいなレンジ状態だったことがわかります。

このレンジの中に、1.1000のラウンドナンバーがあるので、意識されやすかったのかもしれませんね。

1時間足

赤色で囲んだようなレンジをブレイクしたとみせかけて、戻ってくるケースはよくあるので、注意が必要です。(今回はFOMCでの上昇)

今週の狙っていたポイント

今週、私が狙っていたポイントは1時間足のWボトムのポイント!

現在のチャートでは、レンジになっているので分かりづらいですが、前半の部分を狙っていました。

1時間足

黄色の波を想定しており、実際にトレードできました。

この場面のトレードについてはこちらを参考にしてください。

その後は、再度安値を試す動きになりました。

この場面で買いも検討できましたが、もう一段安値を更新してくる可能性もあるとみていたため、見送りとなりました。

この場面の15分足をみると・・

15分足

赤色で囲んだ部分をみてください。

急な上昇で、1時間足レンジの高値に到達。

売りで狙っていれば、上ヒゲの陽線を確認し、売りエントリーも可能でした。

自分のルールでは、波ができていないため見送り。

ただ、考え方としては、ここまで上げてきたら売ろう・・と前もって決めていたのであれば、売るのもアリだなと感じました。急に上昇したから、慌てて売るのはNG。

その後、大きく下げ、1時間足レンジの下限に。

レンジ下限で買う・・と決めていたのであれば買いも可能。

ただ、逆V字回復の動きのため、なかなか難しい場面だったと思います。


まとめ

波を中心に、今週のユーロドル相場を振り返りました。

レンジ内の動きではありましたが、狙いどおり1回トレードできたのは良かったです。

他の通貨も急な動きがあり、難しい相場となりました。

ここでしっかり利益を上げた人、損失をだした人、ルールどおり淡々とこなした人

大きく動いたから取らなければと焦らず、しっかりルールどおりを貫きとおしたいと思います。

ルール通りにエントリーし、大きく伸びてくれるのは歓迎します

 

 

来週もトレード頑張りましょう!

 

PS.

お時間のある方は、迷晴れさんの週刊チャートナビがお勧めです。