AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

FX相場分析動画 2018年10月10日(水)

こんばんは、投資家おもちです。

昨日のポンドドルはエントリーしたかったです。

しっかり分析をしていこうと思います。

 

本日のポイント

・ドル円4時間足は昨日に続き「上昇ではなくなった状態」とみています。売るなら上のラインにひきつけてから。買うなら112.500まで下落するのを待ちたいと思います。

・ユーロドル4時間、1時間のラインに戻ってきたので買いの力もあり。現在は中途半端な位置なのでしっかり見極めたい。

・ポンドドルは4時間足でも「上昇トレンド」が明確に発生。押し目買いを狙うならしっかり反発のサインがでるまで待つ。

 

(10月11日追記)一夜明けてからの相場の状況。結果的にどう動いたか復習。

 

ドル円4時間足

ドル円4時間足は安値を更新したことで「下落トレンド」が発生しました。

112.55のラインで反発があるのでは・・とみていたのですが、しっかりと下に抜けてきました。

ドル円1時間足

売るのであればラインまで引きつけてからと考えていたのですが、MA60で反発し下落しましたね。

「移動平均線初回タッチの法則」が有効になりました。

ドル円15分足

売り目線であれば、15分足で小さくもんでいる部分を下に抜けたタイミングで「売り」は可能でした。自分はラインに引きつけてから・・と考えていたのでのることはできませんでした。

やはり、4時間、1時間足で安値を更新し、下落トレンドが明確になったことで下落の勢いがでてきました。みんなが同じ方向を見始めた時はチャンスです。

 

ユーロドル1時間足

1時間足の黄色のラインまで戻してきました。昨日、安値を更新するも戻してきたので戻りも強いとみていました。

ユーロドル15分足

黄色のラインを少し上抜けしています。ライン際での売りを狙いたくなりますが、

・大きな時間足で波が続いている状況

・安値更新するもラインに戻ってきている状況

これらを考えるとすぐに売りで入るのは難しいですね。