AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【FXトレード記録】109.500での反発狙いのエントリー。建値撤退に。

1月18日のドル円でのトレード記録になります。

4時間足下落の起点のラインである109.500の反発を使ったトレードです。

トレード結果

・通貨ペア:ドル円

・獲得pips:0.9pips(建値撤退)

FXお役立ち情報!

ゲイトレーダーのもってぃーさんの手法が分かる動画が公開されました。

ローソク足を使わない1分足手法だそうです。

1分足は使わない方でも、勝ててる人の考え方が学べると思います。

世界一ワガママなFXの稼ぎ方の詳細をみる

環境認識(4時間足、1時間足)

ドル円4時間足

4時間足は、108.00から上昇し始め、109.500の下落の起点のラインに到達。

上昇傾向にあるが、一旦の戻しが入る可能性があるとみていました。

決済は早めにすることを意識していました。

ドル円1時間足

1時間足は、きれいな上昇トレンドが続いています。

波がある程度続いていたことからも、一旦の戻しが入ると考えていました。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

ドル円15分足

15分足でも波が続いていることを確認。

本来は、もう少し大き目のWトップが理想だったのですが、陽線-十字線-陰線の形を確認後エントリー。戻しも小さいのが気がかりだったので、ロットは落として売りエントリー。

ドル円15分足

含み益が7pips程になった状況で逆指値を建値に設定。

その後、建値にかかり0.9pipsで終了。エントリー後に下落の勢いが小さかったので、早い段階で建値に設定しました。109.500を抜けると上昇に勢いがでるポイントではあったので、早めの判断をしました。

まとめ

環境認識

・4時間足の下落の起点のポイントであることを確認。

・1時間、15分足では上昇の波が続いていることを確認。

ライン

・109.500の4時間足下落の起点のラインあり。

ローソク足

・ミニWトップからの陽線-十字線-陰線を確認後の売りエントリー。

・Wトップの戻しが大きければよかった。(ロットを落として対応)

損切設定

・最初の損切設定は20pips以内でクリア。

利確

・0.9pipsで建値撤退。下落に勢いがなかったので建値に設定。

 

投資家おもちも学んだ専業投資家fxさんのメルマガです。相場の見方が変わります!

→専業投資家fx公式メルマガ

(しかも、無料で学べます。専業さんの説明はとても分かりやいですよ)

参考になった!という方は、応援クリックお願いします。↓↓


為替・FXランキング