AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

イギリス総選挙を控えたポンドドルでのトレード。利確のタイミングで結果に違いが!(12月10日)

12月10日のポンドドルのトレード記録です。

結果的に下げてきたポンドドルですが、損切になったトレードです。

トレード結果

・通貨ペア:ポンドドル

・獲得pips:-17.9pips

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!なつかしい。

環境認識(4時間足、1時間足)

日足

日足の上昇トレンド継続中となっていました。

日足のラインに到達し、波が長く続いていることから、いったんの売りが狙えるとみていました。

勢いのある上昇なので、このままラインを超えてくる可能性も大きくあったと思います。

4時間足

4時間足も上昇トレンド継続中となっていました。

安値は切り上げつつも、ラインで上ヒゲの可能性もでてきたかな・・という場面でした。

波の認識はこちら↓↓

4時間足

1時間足

1時間足は、上昇トレンドからのレンジ傾向に。

日足のラインでWトップを作る可能性がでてきた場面。

一旦、高値のラインをブレイクするも、上ヒゲになるようだと、戻してくるのではないかとみていました。

波の認識はこちら↓↓

1時間足

黄色のラインのようなWトップを想定していました。

オーダブックの状況

厚めの売り注文があるものの、高値を更新すると、買いの逆指値(売りの損切)が多くあることがわかります。

 

後からわかったのですが、ポンドドルはあまりオーダブックが機能しないようですね。

twitter、動画などで学びました。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足は、レンジ傾向から大きく高値を更新。

15分足だけでは、条件を満たしていないのですが、長期足の環境から売るタイミングを待っていました。

 

高値を更新後、陽線-陰線-陰線でライン内に戻ってきたことを確認。(ローソク足のパターンはルールどおり)

 

超えた部分が長期足の上ヒゲにあたる部分。

長期保有ではなく、早めの利確を心掛けていました。(結果的には・・できなかったのですが)

 

エントリー後はなかなか下げず、上げることもなく膠着状態に。

保有して就寝する場合は、建値に設定するのですが、建値さえ設定できず。

この日は、指値と逆指値を設定して寝ることに・・・

15分足

指値に関しては、青色の囲み部分で30pips以上を狙っていました。(早めの利確と言っておきながら)

欲を出さずに10~20pipsに設定しておけば、よかったかもしれません。

こればかりは、結果論なのでわかりませんが。

 

その後、1.3200のラインで反発し、下落してきましたね。

選挙も控えているので、今日からは手をださないようにしたいと思います。