AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

分割決済利確の3パターンをコンプリート。結果的に±0にできたトレード。(1月9日)

1月9日のユーロドルでのトレード記録です。

今回は、分割決済利確の3パターンの1つ、

1つは利確、1つは損切のパターンとなりました。

結果的に±0になったのはよかったですね。

トレード結果

・通貨ペア:ユーロドル

・獲得pips:11.8pips,-10.4pips

FXお役立ち情報!

私も参加している「ゲイスキャ FX」の紹介動画です。

もってぃーさんの初登場シーン!!なつかしい。

環境認識(4時間足、1時間足)

日足

日足は上昇トレンド継続中ながらも、ネックライン、トレンドラインも割ってきた状態。

長期のMAに反発する可能性は少なからずあるのかな・・とみていました。

4時間足

前回の負けトレード(長期の流れに逆らわない。短期足だけの根拠になってしまったトレード)でも書きましたが、4時間足は大きな囲みの中での動きとみていました。

形だけをみると、4時間足で下落の流れが発生していることがわかります。

今回は、ラインより1.11000のラウンドナンバーでの動きに注目していました。

1時間足

1時間足は、下落トレンド継続中となっていました。

下げ幅も小さくなってきており、1.1100でどのような動きになるか・・注目していました。

波の認識はこちら↓↓

1時間足

昔であれば、ラウンドナンバーに来た!

反発するぞ・・ポチっ

という流れで根拠もなく、エントリーしていた時期もあります。

意識されやすいという認識はありますが、しっかりと反発の動きを見せるまでしっかり待ちたいと思います。

エントリー判断(15分足)

15分足

15分足は下落トレンド継続中となっていました。

今回の根拠としては、

・15分足の波が長く続いている(←3の法則)

 

・大きめにとらえて、Wボトムの確認

 

・1.1100のラウンドナンバーで反発あり

 

・ボリバンタッチからの陰線-陽線-陽線のローソク足を確認

本来は黄色のチェックポイントでエントリーしたかったのですが、少し戻してきた赤チェックで買いエントリーしました。

波の見方はこちら↓↓

逆指値と第一利確目標に指値を設定して放置しました。

利確について

利確については、今年のルールである分割決済になります。

決済ポイントは2か所。

・第一利確目標(直近の高値)

 

・反転のローソク足がでるまで保有する

この2点になります。

そして、指値に設定したら、あとはチャートは見ずに、放置の作戦です。

15分足

第一利確目標に到達したので、ポジションの1つは決済。11.8pipsの利益に。

もう1つのポジションは「反転のサインがでるまで保有する」がルールなので、このまま放置。

第一利確目標を実体でブレイクした場合は、逆指値を建値に設定します。

15分足

下げてきたけど、ガマン、ガマン。(というよりもチャートは見ないようにしています。)

15分足 安値を割った下ヒゲの場面で損切に。

プラス分と損切でほぼ±0の結果に。

相関関係の判断(馬CSツールより)

相関関係について、FXで馬さんのツールである馬CSツールを利用しました。

この時の状況はこちら

15分足

 

・GBPが弱い。USDが強い。→GBP/USDは下落。

これが目立っている印象でした

・USD強い、EURも強い→??

オーダブックの状況

トレード時のオーダブックの状況はこちら↓↓

今回、注目したポイントは2点。

・下に下げた場合でも、厚めの買い注文がある。(売りもあるように見えますが)

 

・高値を超えた部分に買いの逆指値もあり。

高値を超えた部分に買いの逆指値も見えますが、売りも多くある印象でした。

なので、一気に動くことは難しいのかな・・という印象はありましたね。

まとめ

環境認識

・1時間足の下落の波が続いており、波が小さくなっていることを確認。

・15分足も下落の波が続いており、Wボトムを確認

ライン

・1.11000のラウンドナンバーあり。

ローソク足

・本来のポイントよりは遅くエントリーになった。(戻ってきたところでエントリー。

損切設定

・直近安値に設定。

利確

①第一利確目標で決済。

②逆指値にかかり、損切に。

その後の動き

その後のチャートの動きは、

15分足

再度安値を割る動きをみせるも、上昇してきましたね。

編集後記

今週もトレードお疲れさまでした。

今回のトレードは1つは利確、1つは損切のパターンとなりました。

今週は3回トレードし、分割決済利確の3パターンすべてにあてはまるという結果になりました。

結果的には、伸ばせるトレードがあったおかげでプラスで終えることができました。

 

今年の1週目にすべてのパターンを経験できたのは大きかったです。

途中で建値決済をしたくなる衝動もありましたが、うまく乗り越えることができました。

 

来週もルールどおりに淡々とトレードしていきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。