AmazonでFX本を買う前に読んでほしい1冊を紹介(まさかの送料のみ)

【FXトレード記録】ポンドドルは19.4pipsの獲得。ラインをゾーンととらえたトレード。(7月11日)

7月11日のポンドドルのトレード記録です。

ポンドドルで売りエントリー。19.4pipsの獲得となりました。

今回は、ラインから少し離れていたので、ロットを落として対応しました。

トレード結果

・通貨ペア:ポンドドル

・獲得pips:19.4pips

環境認識(4時間足、1時間足)

4時間足

4時間足は下落トレンドが崩れ、ノントレンド状態になっていました。

下落の起点のラインで反応することなく、大きく上昇。長期移動平均線にぶつかる状況でした。

波の認識はこちら↓↓

4時間足

下落の起点を超え、黄色横線の起点のライン付近まで上昇したことが分かります。

1時間足

1時間足では細かいながらも上昇の流れになっていました。

波が続いていることから売りも狙える状況でしたが、1.25965あたりまで引きつけたいと考えていました。(相場分析の段階で)

1時間足

チャートの左側を見ると、レンジ帯があることがわかります。

理想は赤色のラインまで引きつけたかったのですが、1時間足でも分かる程度の上ひげがでてきました。ここから反転してくる可能性もあるとかんがえました。

ラインはぴったり反応しないことも多く、黄色ライン、青色ラインもライン候補とみていました。ゾーンとして考えるのが分かりやすいかもしれませんね。

エントリー、利確、決済判断(15分足)

15分足

15分足はきれいな上昇トレンド継続中の相場となっていました。

波が長く続いていることから、売りも狙える環境であると考え、待っていました。

今回は、狙っていたラインまで距離がまだあったのですが、上ひげがでてきており、一旦、下げる可能性があると考えました。

反転のローソク足である陽線-陰線-陰線を確認し、売りエントリー。

15分足

自分のルールではWトップを確認するのですが、今回はミニWトップ(上ヒゲあり)でトレードしました。

直前の陽線は下ヒゲがでていますが、その後にそれを否定するような上ヒゲも根拠の1つになりました。

15分足

順調に下げてきた。

15分足

またまた、遅い時間になってきたので利確しました。

起きていられたら・・。

まとめ

環境認識

・4時間足はノントレンドでしたが、1時間足、15分足では上昇トレンドが継続しており、波が長く続いていることを確認。売れるタイミングを待っていました。

ライン

・1.25965あたりまで引きつけたかったが、ゾーンととらえました。

ローソク足

・陽線-陰線-陰線のローソク足を確認して売りエントリー。

損切設定

・直近高値に設定。(20pips以内)

利確

・時間切れで決済。

その後の動き

一旦、戻しを作るも再度下落しています。最大で50pipsの下落あり。

ただ、現在は反発し、レンジ状態になっていますね。

 

 

PS.

自分はいつも波を意識してトレードしています。

波の見方はこちらのあさえださん(専業さん)から学びました。

↑↑紹介動画はこちらのページからご覧ください。

環境認識論セミナー

 

最後までご覧いただきありがとうございます。